断捨離

情報から離れる。

投稿日:

断捨離を取り入れて毎日の生活を快適に、そして充実したものに。

その1つが情報。

情報は大切なので断つ訳でもなく、捨てる訳でもなくて、離れるだけ。

人・物・金・情報というくらい仕事でも何でも大切な要素なことには変わりありません。

でも、昔と確実に違うことがインターネットの世界的普及によって情報量が飛躍的に多くなって、しかも簡単にどんな情報も取得出来るようになったこと。

これによって情報中毒になってしまう。

毎日、肌身離さずスマホを持ち歩いて、本の数秒の隙間時間でもインターネットと繋がって情報を取得してしまう。

家に帰れば、とりあえず習慣でテレビをつけて、必要のない情報を垂れ流し、それをみて取得してしまう。

ここで忘れてはいけない大切なことが、時間=人生、時間=命、ということ。

時間が1番大切な、人間が全員平等に持ち合わせた資産。

その時間は病気や事故、そんなことも考えればいつまであるかも分からない不確実な量しか持っていない貴重な資産、それにどんなに頑張っても取り戻せない資産、財産。

その大切な時間を情報取得にかなり奪われてしまっていることに気が付いた方が良い。

もちろん、いろんな自分の今に役立つ情報、そして自分の将来に役立つ情報もある、でも毎日取得している情報のうち、その割合はどのくらいだろう?

それをしっかり自分で認識した方が良い。

インターネットで世界が簡単に繋がる時代の前は、たくさん情報を取得することが必要だったかも知れませんが、今は自分が本当に必要な情報、そして本当に信頼出来る情報、それを取得するだけで十分。

だから、余計な情報を捨てる必要がある。

余計な情報を断つ必要がある、でもどれが余計でどれが必要かも見え辛くなっている。

どれもインターネットで検索して出た結果が真実のように感じてしまうし、自分に必要な気がしてしまう。

そもそも、自分の検索履歴をもとに、マッチした情報が表示されるようにインターネットの世界はされている。

だから、どれも必要そうに感じてしまうことも多い。

本当に必要で、本当に信頼出来る、そんな情報が何か分からない世の中になってきているので、一旦情報から離れることをおすすめします。

本当に必要があれば、もっと芯を食った検索キーワードになっていきますし、本当に信頼出来る人から情報を取得するようになると思います。

テレビを見ない、スマホを見ない、嫌な人とは関わらない、自分自身でたくさんの情報を取得出来るようになった現代は幅広く情報を取得するのではなくて、自分らしく生きるために必要な情報を深堀して、自分の変化に合わせて取得する情報の方向性も変えていけば良いと感じます。

一旦情報から離れる、とてもおすすめな習慣です。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イライラを捨てる。

イライラして良いことなんて何も無い。 仕事ても家庭でも遊びでも何でもそう。 今まで生きてきた経験を振り返ってみてどうだろう? イライラして良かったことなんてあるだろうか?? 良かったことなんて何も無い …

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

お菓子を断つ。

何とも断捨離は楽しい。 断捨離をすることで生活の充実度が増して、快適になっていく、心と体が軽くなる。 そんな中でこれも断捨離すると調子が良いなと思うのが、お菓子。 お菓子は楽しみでもありますが、結局は …

後悔を捨てる。

断捨離をしてより快適で充実した毎日へ。 その1つ、『後悔』。 人間生きていれば後悔の1つや2つ、いや、もっとたくさんあるでしょう。 何であんなことをしてしまったのか、何であんなことを言ってしまったのか …

選択肢を捨てる。

断捨離でもっともっと快適な毎日へ。 年々、楽だなと思う断捨離が選択肢を捨てること。 選択肢が少なかった若い頃はたくさんの選択肢が欲しいと願い続けていた、例えばお金の問題。 欲しいブランドの洋服があるけ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細