年賀状を断つ。

趣味
スポンサーリンク

年末年始、とにかく面倒臭い年賀状。

子供の頃は何枚くるかなぁって楽しみにしていましたが、社会人になって上司にも出さなきゃ、先輩にも出さなきゃ、やらなきゃって年々負担になっていました。

過去からの習わしで、年始の挨拶状が来ていない部下後輩は失礼だと言われることがあったので、ほぼ義務的になっていました。

そうなると楽しいと思うことなんて何もありません。

むしろ、住所やイラストなどのデザイン全てを印刷してそのまま送ってくる年賀状が本当に迷惑です。

何のために送って来ているの??

そんな気持ちもこもっていない紙切れに対して返信を送らなくてはいけないと思っていた時の徒労感と言ったらたまりません。

儀式として送っているのかも知れませんが、受け取った下の立場としては正直なところ、こんな直筆のコメントが1つも無い紙切れを送ってくる人はその位の価値観しか持っていない器の人なんだなと分かってしまいます。

ダメだこの人は、って。

だから直筆でコメントをしないくらいならむしろ送らない方が懸命ですよと教えてあげたいくらい。

とても残念な人達は結構多いです。

そんな無駄な作業を何の違和感も無く忙しい年末年始にやっている今までがバカらしい、5年くらいかけてほぼ年賀状を廃止したらとてもすっきり快適、落ち着いた年末年始を過ごせるようになりました。

子供の頃というか、この年賀状のやりとりが楽しみだという場面、時期はやれば良いと思います。

ただ、楽しみと思わないのであれば、スパッと止めてしまって全く問題ありません。

年賀状を断つのです。

断ち方は簡単、ただ送らないだけ。

良くあるパターンが、昨年受け取った年賀状をそのままリストアップして、その方々へまた送り付けるパターン。

何となく送っているパターンですね。

段々と断ち切れていくまで気まずさを覚えますが、3年4年5年と続けていけば自然と消えていきます。

また、目下の相手であれば早めに年賀状はやらないので送らなくて良いよって言ってあげると親切です。

下の立場としては送らないと失礼かなと、心配になってしまうのでその方が親切ですし、自分自身を余計な気を遣わせた年賀状を受け取って返信してあげないとなっていう気苦労が減ります。

あとは今のご時世、個人情報を保護するという観点も年々強まっているので、会社の中で住所を共有しなくもなって来ている点で、年賀状を廃止し易い世の中になっていると思います。

年賀状を書く時間、そして年賀状を買う時間、この無駄な時間とお金が年末と年始にありましたが、なくなると一気に気が楽になります。

そんな無駄なことに気と時間とお金を使わないで、もっと他の本当に楽しいことに気と時間とお金を使いましょう!

年賀状を思い切って断てばすっきり快適です。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました