★教育

子育てから学ぶこと

投稿日:2018年8月5日 更新日:

私は小学4年生〜0歳まで、4人の子供がいます。

自分が3人兄弟だったので何となく子供3人は欲しいなぁ。と漠然と昔から思っていました。ところがそれが現実になった時には4人でも5人でも欲しいと心のどこかで感じるようになっていました。

ただ、子供を育てるのは母親が一番大変。育てる前に妊婦時期も出産も産後も本当に母親は大変。私は一般的な会社員なので平日は仕事、飲み会でもあれば帰りも遅い。

それなのに私の思いを受け取って、理解してくれて元気な4人の子供がいてくれるのは本当に奥様に感謝です。我が家の場合、色々なバランス的に今の6人家族で落ち着き、5人目はもう考えておりません。

この4人の子供を授かるまでに色々なことがありましたし、周囲でそろぞれの家庭、夫婦で色々なことがある話を聞くので現状にとても感謝しています。

また、子供に関わる悩みなどに少しでもお役に立てたらいいなと思います。

そう考えるようになったのは、大人にとって子供から学ぶことが非常に多いと気付いたからです。子供が人生最大の教師ではないかと思うくらいです。

試行錯誤しながら、子供と良好な関係を築き続けることが大人を育てて、社会を作る要素に影響しているのではないかと感じます。

私の目標は『世界平和』なのですが、親子の関係をとても大切にして、時には厳しく叱ることもありますが親子の関係を本当に信頼し合った平和に求め続けることで、大人に伝染し、その大人が作り上げる社会が平和になると思います。

話が大きくなってしまいましたが、お金があっても、大きなお家があっても、戦争が起こってしまえば幸せにはなれないですからね。また、平和であると言うことは自分だけが幸せでは成り立たないので周囲の人々の1人でも多くが幸せにならなければいけません。

自分が幸せになりたい、と強く思えば思うほど、本当は平和が土台に必要で周囲の人を少しでも多く幸せにしていかないといけないのです。

そんな考え方になったのも子供のお陰です。子育てにはお金がかかって大変と言われることも多いですが、私は自分自身の成長のため、自分自身が幸せになるために子育てさせて貰っているという感覚です。

なので自分が気が付いていなかったお金の価値にどんどん気付かさせてくれる子供達に感謝です。お金の価値観も子供が増えるごとに研ぎ澄まされていって独身の時の自分って考えが浅い、幼かったとよく思います。

子供と大人。部下と上司。権力の弱い者と権力の強い者。本質的に権力で人は動かないってことを本当に学びましたし、まだまだ学び途中です。権力で人を動かし過ぎてしまった先に平和はないことも子供に教えてもらいました。平和がなければ自分の幸せもやって来ない。だから結局、権力で人を動かすこと自体が手っ取り早いように見えて、実は無駄。面倒なことを先送りしているだけ。

子供は欲求や反応が正直。大人になると嫌なことでも、本音を隠してどのような対応をすることが自分にとって今適切かを先に考えてしまう。会社での人間関係などでそんなことありませんか?

私はとても多くありました、と言うことはミドル世代になってきた私に対しても年下の人たちはそう思って接していることも多いのです。そのまま行けば裸の王様が出来上がる。出来れば自分はそうなりたくないなぁ。でも気がつかないうちになっちゃうんだろうなぁと。

勿論、大人社会であれば、全て本音でストレートに伝えることが正しい訳ではありません。そうすることが平和に繋がる訳でもありません。表現、伝え方は工夫が絶対に必要です。

ただ、人が嫌な思いをせずに動くことを学ぶには子供以上に良い先生はいないと思います。赤ちゃんであればお腹が減ったら泣く、おしっこで気持ち悪ければ泣く、さみしければ泣く。こんな感情も大人は隠しますよね、伝えたとしても泣きはしませんよね。

そんな欲求に権力を振りかざして押さえつけても良い結果にはならない。それが見え易いのが子供様です。子供は自分達大人よりも尊い存在、未来を作る可能性の塊。私は自分の子供達を尊敬していますし、私を日々育ててくれて感謝しています。

子供から学んだことを仕事に流用してみると考え方としてはそのままハマる。権力で人を動かしても、本質的に動きたいと思わせても、大人であれば表面上は同じ動きに見えますが、時間が経過していった時の繁栄度合いが全く違う。

権力だけで人を動かした場合は結局『嘘』で動いたのでどこかで綻びが出たり、破綻が起こる。結果、誰もいい思いをしない。本質で動いた場合『本当』なので表面上、一部を見た場合は繁栄しなかったように見えても長期的に見れば人も組織も繁栄している。

もしその人達がバラバラになっても本質で動いた経験、マインドがいろんなところで連鎖していく。至るところで繁栄していって全員がいい思いをする。小さなことでもそう繋がって行くと思っています。

自分自身が幸せになりたいと思う人で、小さなお子さんがいる、またはこれから子供が欲しいと思う人は是非子供にヒントを教えてもらって下さい。『人はどうして動くのか?』と言うことを全力の本音で教えてくれます。

これを大変だと安易に思わないで下さい。私は思ってしまいましたが子供が増える毎にやっと気付けましたので上の子たちにごめんね。っていつも思います。。。思い出すだけで当時の子育て方針が親の浅はかなエゴばかりで恥ずかしいです。

子供の反応が大変なのではなくて、子供は一生懸命に本音で大人に接してくれているだけです。子供しか大人に教えられないことに気付き、学ぶ日々を送ることをおすすめします。

大人が子供に教えられることは、自分が先に経験して学んだことを参考として伝えられるくらいですかね。そのためにも大人もたくさんチャレンジして広く、深く経験値を増やさないと子供への恩返しが出来ないですね。

子育てさせてくれてありがとう。

 

-★教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イライラしない、余裕を持つ。

何かを伝えたい時、うまく行かなくてもイライラしてはいけない。 感情的になったらダメ。 かと言って間違いに対して緊張感が無くてもダメ。 余裕を持って対処すべき。 なかなか難しいものですが、出来ている人は …

個。

個々が大事。 個々人が大事。 どんなことも個があって成り立っていることを忘れてはいけません。 大きなことを動かす時、個をしっかり見ましょう。

人を動かすということは、心を動かすこと。

人を動かすってなんだろう? リーダー、キャプテン、上司、親、などなど。 役割として人を育てること、人をマネジメントすること。 そして能力を上げる、また成果を上げること。 そのアプローチとして人を動かす …

チーム営業でそこそこ以上の成果を出すためリーダーがやるべきこと。

日々数字、結果に終われる営業。 そんな営業メンバーのチームがそこそこ以上の成果を出すためにはどうしたら良いか? リーダーは何をすべきか? 最高の結果を出す訳ではなくて、そこそこ以上の成果を必ず出すと言 …

山手十番館、家族レストランウェディング!とっても素敵。子供たちみんなちゃんと何でも出来るようになったね。

義理の弟が結婚。 山手十番館というとっても雰囲気の良い場所で、レストランウエディングのような両家の顔合わせお食事会。 何かと心配した弟だったので、幸せそうに新しい生活を始めていてとっても嬉しかった。 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細