子供から離れる。

趣味
スポンサーリンク

子供の成長のため、そして親の成長のために子供から離れなければいけません。

近い距離の関係だからこそ、距離感を大切にする、距離感で成長を促進する。

家族と言えども一人一人の個人、その個人の人生があります、だから適度に離れることで個々の人生を生きることがお互いの幸せにも繋がります。

子供は親の見ていないところで成長するもの、だから親は子供から離れる距離感を大切にした方が子供は成長するように思います。

親がまだ近くにいて欲しいと感じているうちはまだ本当に子供が自分の人生を楽しみ切っていない状態かも知れません。

そんな時はいろんな経験をさせてあげて、楽しいことを見つけるきっかけを探させてあげたら良いです。

習い事でも良いし、アルバイトでも、テレビやネットを見るでも、旅行でも、何でも良いのでいろんな経験、情報を取り入れさせてあげて、そこから小さな興味関心を拾って、実際にやらせてみて、ハマったりハマらなかったりを繰り返して行く。

気が付けば親から離れて気の合った仲間達と出掛けることが多くなったり、スポーツにハマって行ったりするでしょう。

そこに親が必要以上に干渉しない、関わらない。

そして困ったことがあって子供から親に寄ってきたときだけ、相談に乗ったり要望に答えたりする。

そんな距離感で十分。

常に安心信頼出来る立ち位置に居てあげて、心のお守り的な存在であれば子供たちは思いっきり親から離れていろんなことに頑張れるはずです。

何かあったら戻ってくる場所でいてあげたら良くて、一回親から離れたら、それは子供がたくさん成長している時期。

親の見えないところで何かしらを頑張っているはずです、そしてその頑張りを必要以上に親は知る必要も無いと思います。

子供が必要としている以上に何があったかを聞く必要もありません。

そっと自然に戻ってきた子供を受け入れるだけで十分。

また充電が出来たら親から離れていろんな経験を楽しみながら、成長して行くでしょう。

そして親は親で子供から離れて自分自身の人生を楽しまなければいけません、そうでないと子供にとって重荷になってしまう可能性が高くなります。

大切な子供が思いっきり成長出来ることを抑制してしまうかも知れません。

だから親は親で子供から適度な距離感を持って、自分自身の人生を謳歌する努力が必要です。

子供から適度に離れて親も子も個々の人生として楽しみながら成長が促進されます。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました