MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

身軽に生きるポイント!大切なものを抱え込み過ぎるない。

そもそも生きていること自体が限りあること。

だからどれだけ大切なものを増やして大切に抱え込んでも、いつかは手放さないといけない時が来ます。

であればそもそも抱え込まない生き方が楽で自然で幸せなんでは無いだろうか?

自分が大切に想っている『人』もその人自身の人生がある。
抱え込むことは自己中心的な発想。

自分が大切にしている『物』もいつかは無くなる。
抱え込むこと自体無意味なこと。

流動的であるという前提の下で、本当に大切な『人』、本当に大切な『物』が少しあれば良いという考え方もあると思う。

抱え込むということは失うことを恐れて、後ろを向いて人生を生きているようなもの。

身軽になればなるほどに、自分の人生、時間を目一杯楽しめるようになってきている気がします。

最期まで所有出来るものなんてないのだから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる