MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

充実した日々のポイント!いつ、どこで、だれと時間を過ごすか?

毎日、いつ、どこで、だれと時間を過ごしていますか?

もし今の生活、自分に満足していないのであれば、これらを変えなければ変わりません。

そりゃそうです。

いつも一緒の生活をして、新しいことが無いのに何も大きくは変わりません。

いつ、どこで、だれと、を今一度これで良いのかを疑ってみた方が良いです。

言い訳を並べていつも通りに時間を消費しているうちに人生は終わってしまいます。

そんな危機感を社会人を15年くらいやってきてとても感じるようになりました。

何故かな?と考えると簡単でした。

社会人に成りたての頃は全てが新鮮でほとんどが上手く出来ないこと。

それが日々頑張って行くうちに出来ることが増えてきてしまうのです。

良いことのようで、実はリスク。

成長が止まっている自分に気が付かなくなっている。

そして、出来ないこと自体に不安や恐怖心を抱くようになってしまいます。

だから益々いつも同じ時間に、同じ場所で、同じ人と過ごしているのだと思います。

家族はそれで良いと思います。

子供達の成長と共に親として夫婦として大人も実は変化、成長しているからです。

危険なのは家庭以外。

交友関係であったり、仕事の環境。

ずっと同じではあれば危険です。

同じであっても良いですが、新しい領域も広がっていないと世間知らずの井の中の蛙に陥っている危険性大。

環境が人を変える。

自分に影響を与えてくれた長倉さんの『移動力』からヒントをもらいました。

環境に強く引っ張られている自分に気が付いていなければ早目に環境を何かしら変えるべきです。

人生って本当はもっとドキドキワクワク楽しいものです。

自分も最近気が付いてまだまだこれから、旅の途中、というかスタート地点近くに居ます。

いつ、だれと、どこで、自分の時間を使うか、昨日までの自分の常識を疑ってみましょう。

そんなことを気が付かせてくれた「移動力」という本はとてもおすすめです。

¥1,386 (2022/04/26 07:19時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる