MENU

在宅勤務、テレワーク、PC作業のデスクワークが多くなって首が痛い時の対処法。肩こり!?首こり!?寝違えたか!?肩、首の痛みがクセになっていて困る。。。

ここ数年、起きたらとんでもない首の痛みで身動きが取れなくなる時があります。

これは肩こりなのか、首こりなのか、単なる寝違えなのか?

整体、整骨院などへ行っても根本的な解決には至っておりません。

ただ、対処法はほぼ間違いなく冷やすことだと思います。

過去に1度だけ、全く起き上がれなくて、かと言って寝たままでも居られなくて、やっとの思いで起き上がって床に座り、首を真っ直ぐにしたまま痛過ぎで動けなくなったことがあります。

もう一生このまま身動きの取れない体になってしまったのかと本当に焦りました、やっとの思いで休日の緊急診療で病院へ行きましたが結果はよく分からずに湿布をもらっただけ。

あとは安静にして下さいとのこと。。。

結局は翌日からはなんとか我慢出来るレベルの痛みになって、歩けたので普通に電車で仕事へ行きましたが、二度と経験したくないと思うくらいにヤバかったです。

今考えると、そこまで酷くなってしまった原因はデスクワークが増えて肩が凝っているのだと思ってしっかりと肩を揉んでしまったこと、そして凝っている肩をほぐすために温めてしまったことだと思います。

どの病院に行っても根本的解決ができなくて、ネットでもかなり調べて自分で色々と試した結果、素人が適当に肩首を揉むもんじゃないってこと、適当なマッサージ屋さんとかにもいかないこと。

そして、もし首筋を痛めているのであれば、それは炎症なので絶対に温めないで冷やすこと。

この2点が大切です。

ど素人の体験談なので、プロからしたらどうかは分かりませんが自分の体で試した結果、余計なマッサージをしないことと、冷やすことで改善が早まりました。

あとは予防策として、睡眠時の姿勢が同じ状態で固まらないように深酒は厳禁、むしろお酒はやめてしまいました。

それも、首こり、肩こりを予防するには一定の効果はあるかなと感じています。

それと床に寝そべって足を頭の上まで上げて首の裏の筋を伸ばしておくことも予防に効果が高いと感じています。

後ろ回りをする感じで、足を高く上に上げてそのまま頭の上へ、首のこりがひどい時は全然頭の上の床まで届かないのでこり具合を測るのにもちょうど良いです。

やっぱり朝は硬いですし、日中の方がほぐれる傾向です。

でもやっぱりその時の体調、凝り具合で全然首の柔軟性が違うので、日々このでんぐり返し首裏ストレッチを継続しておくことも首筋の痛み予防に一定の効果はあると思います。

元々、PC作業のデスクワークが増える現代人で更には在宅勤務、テレワークが増えているので首こり、肩こり、寝違え、どれだかよく分からないけれど何だか肩から首にかけて痛くて不調だなという人も増えているのでは無いでしょうか。

この痛みは周囲には分からないですが、とにかく憂鬱。

でも一旦クセになってしまったら、極力症状が出ないような生活習慣で上手く付き合っていくしか無いのかも知れません。

なってしまったらとにかく『揉みほぐさない』、そして『冷やす』、これで時間を待ちましょう。

日頃の運動、ストレッチ、そして寝返りが少なくなってしまうような深酒をやめておくことで一定の予防効果は見込めると思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる