MENU

初心者サーファー、どんなサーフボードを選んだら良い??ロングボード編。

中年から始めたサーフィン。

しっかりハマりました、とにかく楽しいので毎週末海に通っています。

10代の頃にちょっと挑戦をして全くうまく出来ない苦い経験から、食わず嫌い的にサーフィンは自分に関係の無いことだと思い込んでいました。

でも、選ぶサーフボードが自分に合っていればそんなにハードルは高くありませんでした。

初心者サーファーにオススメなサーフボードはとにかく簡単に波に乗れる板を選ぶこと。

簡単に波に乗れてサーフィンが楽しい!と感じることが上達する第一歩です。

10代の頃にチャレンジしたのは、サーフィンといえばショートボードと思って、初心者向けで浮力もある大きめの板でしたが全然ダメでした。

その時はもっと長いファンボードやロングボードなんて選択肢があるとは思ってもいなかったです。

先ずは自分がどんなサーフィンをしたいかで、ショートボードのようにアクティブでカッコ良い波乗りをしたいと目標を決めたとしてもいきなり薄いショートボードを使うと相当のガッツがないとへこたれます。

だから、ショートボードを目指していたとしても本当の初心者であれば長めの板を使って波に乗る楽しさを先ずは覚えることが良いと思います。

オススメはとりあえず簡単に小さな波でも乗れるロングボード。

板によっては波乗りって結構簡単なんだ!楽しい!!そう思えることでモチベーションもアップしますし、短くて難しい板にチャレンジしてへこたれそうになったら、長めの板に変えれば良いと安心して自分のやりたいサーフィンの方向に行けると思います。

自分の場合は中年から始めましたし、体力も運動神経も大して良くありませんし、海に行ける頻度も多くて週2回なのでとにかくのんびり波乗りを楽しみたいと思って今のところロングボード1択です。

そんなロングボードの中でもずっしりと重たくて浮力たっぷりのクラシックなシングルフィンもありますし、もう少し薄くて軽いスタビライザー付きのトライフィンタイプもあります。

あとは9フィートくらいの短めから、10フィートという長めサイズまで種類が幅広いです。

素材も多少ぶつかっても壊れないエポキシタイプもあったりしますので、ロングボードだけでもその人のスキルやモチベーションに合わせて色々と選べます。

そんな中でまだサーフィンをやるかどうか分からない程度の状態であれば、浮力がたっぷりあって万が一他の人に当たっても危なさが少ないスポンジボードや、取り扱いに慣れていなくて壊さないようにエポキシの硬いボードを選んでとにかく気軽にたくさん波に乗れるようにすることがオススメです。

最初はレンタルでも良いですし、ちょっと続けてみようかなと思ったら最初は中古のお安いもので十分だと思います。

でも、まだ知識が無くて、乗りやすさも分からず安さだけで選んでしまうとすごく乗りにくいボードをチョイスして結局あまり波に乗れなくて楽しく無くなってしまうこともあるのでネットで調べるとか、サーフショップの人に見栄を張らずとにかく簡単に波乗り出来るボードをチョイスしてもらった方が良いと思います。

ただ、1点注意なことがそのサーフショップでクラシックのシングルフィンを一押しにしているのであればそういったボードを勧められますし、ショートボードがメインのショップであればファンボードぐらい短めの板を勧められてしまいます。

どこの誰に聞くのかは、ある程度自分がやりたい方向性を決めてから相談した方がアンマッチの可能性が減ると思います。

そんなビギナートライアルボードを経て、これはもう継続するなと思ったら人気の良いボードを使ってみると良かったです。

やっぱり道具が良ければそれだけ波乗りもやり易いです。

お値段は多少張っても自分のやりたい方向性の良いボードを使ってみたら、そこでモチベーションも上がって上達も早まります。

定番人気のブランド、モデルを選んでおくと間違いないなと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

目次
閉じる