断捨離

出来ない理由を捨てる。

投稿日:

断捨離で豊かな人生(時間)を過ごす。

物や情報に溢れた現代は特に断捨離が必要だと思う、いろんなことを断ち、捨て、離れる。

そんな中の1つとして、出来ない理由を捨てるととても前向きな人生になって気持ちが良いです。

思考は完全にクセ。

考え方から行動が生まれて、行動から結果が生まれます。

だからなりたい自分、在りたい状態を考えることに特化した方が本当の自分らしたと幸福感に溢れた人生になりやすいです。

考え方はクセなので、そんなの無理と思わず、気が付いた時にコツコツと意識して習慣化することが大切。

それと習慣化するためには一緒にいる人、環境にとても影響を受けます。

それだけ人間というものは良い意味でも悪い意味でも流されやすい生き物です。

良く言えば、環境に順応する能力がしっかりと強く備わっている動物です。

どんな自分で在りたいか?

。。。そもそもその問い、自問自答自体が答え。

お金持ちで在りたい、カッコよく在りたい、いつも笑っていたい、自由に生きたい、ふと思いついたシンプルな思いがその時の自分が在りたい姿。

逆に言うと、在りたいけど、現状がまだそうなっていない、理想と現実のギャップがある部分。

では、その次の瞬間、自分自身の発想でどう思うか?

でも、だって、無理でしょ、いつかなれたらいいな、そんなことが思いついた人いませんか?

それが思考のクセです。

それが理想が現実に近付いていかない原因、根源です。

先ず出来ない理由を考えてしまうクセが自分の人生を満たされないものにしてしまっています。

それに気が付くことがとても大切。

だから、『出来ない理由』を考えることは捨ててしまうべきなのです。

『出来ない理由』を考えるヒマが一瞬でもあるくらいならば、『出来る理由』を一瞬でも多く考えた方が余程理想の自分に近付ける。

出来ない理由を考えることがクセになっていて、自分で気が付いていない、自分で気が付けない、自分で認めたく無い状態に陥っていることも多いので十分気をつけた方が良い。

幸福感は人それぞれ、そして幸せは量が決まっていて他者と取り合うものではなくて、総量は無限大に増やせるものです。

考え方の問題だけなので。

同じ状態であっても不幸と感じるか、幸せと感じるかは本人次第、そうであればどんな状態でも少しでも幸せと感じるクセを身につけることで、たった1度の人生がもっと豊かに楽しく幸せになります。

そして、自分だけではなくて、周囲の人々がみんなそうなっていけばなんて素晴らしい世の中になるのでしょう。

ちょっと飛躍してしまいましたが、考え方1つで結果が変わります。

その考え方は完全にクセです。

出来ない理由(自分が望まない状態)を考えることが必要な場面は人生に必要ないです。

出来ない状態を自分が望む場合は別ですが、自分が望む状態に対して出来ないことを考えず、出来ること、出来るためにやるべきことをすぐに考えられるようになると毎日がとても快適です。

これをポジティブシンキング、前向き発想なんて言うのでしょうが、これ本当に大切です。

実際は出来ないこともたくさんあると思いますが、側から見れば脳天気に見えてしまうほどに出来ることしか考えなくするととても日々の生活が楽です、自分らしい生き方、気持ちが開放されます。

断捨離してとても毎日が快適になる1つとして『出来ない理由』を捨てる、おすすめです。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自己顕示欲から離れる。

自己顕示欲。 周囲の人々から注目され、そして認められたい。 そんな欲求によって不自由はありませんか?自分自身を苦しめていませんか? 人間誰でも持っている承認欲求。 そして、更に周囲の人々から注目もされ …

他人の目から離れる。

余計な物事を断捨離してより快適で充実した自分らしい生き方へ。 日々出てくる悩み事で多くの原因となることが『他人の目』。 世間一般の目や親からの目、友達からの目、仕事関係者の目、などなど。 他人の目を気 …

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

贅肉を捨てる。

やっぱり贅肉がついているとかっこ悪い。 かっこ悪いだけでなく、健康にも悪い。 若い頃は基礎代謝も活発、元気で体力・気力に満ち溢れていて贅肉も付きにくいし、落ちやすい。 それが30代、40代と歳を重ねる …

朝食を断つ。

ほぼ趣味の断捨離。 30代後半で朝食を断ちました。 食べれば年々太る、それに食べれば食べただけ疲れる。 そんなことに気が付いて、そもそも1日3食食べるという疑ったことのない習慣に疑問を持ちました。 断 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細