教育

傾聴力!先ずは自分が満たされていることが必要。

投稿日:

人とのコミュニケーションスキルを上げたい、他者の自己肯定感を少しでも高めたい、そう思って傾聴力を高めようと試みます。

意識してやってみようとすると、意外と難しい。

傾聴ってただ親身になってよく聞くだけでしょ?と思うのですがついついこちらが喋る番が増えてしまいがちです。

相手が話をしてくれているときは良いのですが、相手から質問された時の答えが長引くケースに気を付けなければいけません。

それはそれで良いとは思いますが、相手の話を聞く→相手が満足してくる→質問が来る→答える、この繰り返しをしているうちに自分自身が聴くことよりも伝えたい欲求に変わってしまいます。

ここが注意するポイント。

聴きたい→伝えたい。

気が付けば自分のマインドがこう変わっている。

無理に相手が質問していることに対して答えを減らす必要はありませんが、『聴きたい』というマインドは常に維持していないと傾聴は出来ません。

『聴きたい』が中心にあって、もっと深く聴く為に必要に応じて伝える。

ではその『聴きたい』を維持するにはどうしたら良いか?

それは自分自身が完全に満たされている状態を常に作っておく必要があります。

スポーツ選手と同じで、最高のパフォーマンスをする為にコンディションを整えておくことが大切です。

やりたいことをやって、言いたいことを言って、不安は全て払拭して、常に自分が満足していると自分の欲求が満たされているので気持ちに余裕が出来ます。

余裕があると受け入れるスタンスが取れます。

先ずは自分のアウトプットを可能な限り腹の底までやって、スペースが空いて、インプットしたい自分を作る。

インプット欲求が出れば出る程に、聴いてあげたい→聴きたい、というマインドに変化します。

『聴いてあげたい』だとなかなか続きません。

だから『聴きたい』と素直に思える自分を作ることが傾聴力を高める第一歩。

『傾聴』は人を幸せにする効果があります。

傾聴力を高める為にはいきなり一生懸命に聴こうとするのでは無くて、聴きたい自分を作る努力をしましょう。

日々の筋トレと同じです。

我慢をし過ぎないで本音のアウトプット、そしてやりたいことはやってみる、そんなことが傾聴力を高めるスタートです。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一緒にやる、とにかく自分もやる、自分がやらないこと、理解していないことを人はやらない。

自分の今までの反省を含めて記録。 子供を育てて、部下を育ててと歳を重ねるたびに人を育てることが多くなる。 人を育てるということ、もっと正確にいうと人の役に立つことはどちらかというと好きな方。 すぐその …

見守り力が大切、信じて待つ!

人を育てるには信じて待つことも大切。 ついついガミガミ行ってしまいがちですが、頑張っていることの成果が目に見えてくるには時間がかかる。 だから、しっかりと教えた後は待ってみよう。 結果が出ないと不安に …

選択と集中、やっぱり成果を出すには大切だ!

成果を最大限に高めるためにはどうしたら良いか? やっぱり選択と集中が必要。 最重要、得意分野以外を捨てること。 捨てるというのは全てやらない訳では無くて、必要なことはやる、けれども出来ればアウトソーシ …

シンプルであれ

世の中では過去に体験したことの無い、新型コロナウィルスという敵と戦っている。 今まで経験したことのない状況。 でも良く考えてみれば、震災があったり、異常気象があったり、非常事態はそれなりに定期的に起こ …

今を楽しむこと。

人生、生きていればいろいろあるだろうけれども、それを楽しんでしまえるか、それとも悲観してしまうのか、誰かを妬んでしまうのか、自分の考え方ひとつ。 大体が他者との比較。 他人は他人。 自分は自分。 先ず …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細