健康管理

健康管理には『何を食べるか?』よりも『何を食べないか?』が大切!!

投稿日:

健康の三本柱、睡眠、食事、運動。

どれも適度が大切です、その中でもついつい足し算的に考えてしまいがちな食事。

「何を食べるか?」よりも「何を食べないか?」が食事の考え方の基本としてとても大切。

世の中のメディアには「健康に良い食べ物」の紹介ばかりがあります。

それはそうです。

経済活動ですから。

「何を食べないか?」=消費が無い=経済が動かない=商売にならない

「何を食べるか?」=購買意欲=経済が動く=儲かる

儲かるのは当然「食べる」こと。

日頃ついつい食べてしまっている「食べ物」って本当に必要ですか?

それともお昼ご飯は食べるもの、お安いから、手軽だから、とか当たり前になっているけれでも、よく考えていないで口に放り込んでいるものはありませんか?

例えばマクドナルド。

子供の頃、学生の頃、子供が小さい頃、そんな時には誰もが通ってきたことの多いお店でしょう。

今思うとこれが怖い。

栄養価も少なく、油まみれ。

久々にマクドナルドに入りましたが、あれだけ大好きで食べていたポテトフライがどうしても食べたく無い。

でもそれが健康管理には必要な価値観。

食べたいもの、体が必要なものが無いのであれば、食べないと言う選択肢が健康管理には良い効果をもたらします。

余計なものを口に入れることで、内臓が消化のために過剰に働き、余計な添加物や質の悪い油も消化するために内臓が頑張らなければいけない。

大昔と違って今は飽食の時代。

健康的に生きていくためには経済活動としてのメディアにおどらされず「何を食べないか?」を良く考えてからものを口に入れたほうが良いです。

-健康管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲酒2020年2回目。母との新年会。

2020年早速2回目のお酒。 近所のお好み焼き屋さんでビール2杯、チューハイ1杯、ウーロンハイ2杯。

飲酒、体に合うお酒を選ぶ。ビール、焼酎、ウィスキー、ワイン、日本酒、どれが翌日楽かを知っておく。

何年前からか飲酒の翌日が辛い。 何年辛い、翌日1日復活しない。 飲まない翌日と、飲んだ翌日のスッキリ感が全然違う。 それでもお酒って美味しいし、楽しいですよね。 仕事などで飲む機会が多い人も多いかと思 …

no image

おじさんの節酒日記。(一人酒の禁酒)。最終会。2019年19回目、約3ヶ月で終了しました。

健康のために始めた一人酒の禁酒。 節酒生活は約3ヶ月で終了になりました。 一生懸命にお仕事して、やり切ったら飲みたくなっちゃいました。 逆に言うと、自分の出来る一生懸命までちゃんとお仕事をしていなかっ …

no image

食べ過ぎは体力消耗!

食べ過ぎはやっぱり体が疲れます。 一日の食べた量=内蔵の運動量。 一日一食にした日、二食食べた日、更にはその食事の食べた量で翌朝の体のコンディション回復が明らかに違います。 口に物を放り込むのはどれだ …

健康を気遣って食べるおやつは小魚がおすすめ!

ついつい食べたくなるおやつ。 何を食べますか? スナック菓子からスイーツといろいろありますが、基本的に食べて体に良いものではありません。 心の癒しはあっても、体に良いことなんてほとんどありません。 そ …