健康管理

体に合うお酒、合わないお酒。翌朝の辛さが違います。

投稿日:

早寝早起きの生活をしていますが、早起きする際にちょっとしんどいのが、前日の飲酒。

もちろん寝る時間が早ければ早いほど、お酒を飲んでも翌朝が楽ですが、当然飲んだ量も影響します。

飲んだ量が多いと、どうしても睡眠の質が下がって翌朝辛い。

それも飲んだお酒の種類で、更に辛さに違いがあるなとつくづく感じます。

自分の場合、特に辛いのはウィスキーやジンなど、元々のアルコール濃度が濃いお酒です。

30代になって、20代の頃よりもお酒が弱くなったなぁ、翌日辛くなったなぁ、と老化を感じていましたが、一概に加齢によるものばかりではなさそうです。

何が違うかを考えてみると、20代の頃はハイボールがまだ流行っていなくて、ビールと焼酎が基本。

ほとんどそれしか飲んでいませんでした。

焼酎もウーロンハイやレモンサワー。

それを確かめるために、最近はハイボールを遠慮して、飲酒するとき、出来るだけビールと焼酎を飲むようにしていたところ、ハイボールばかり飲んでいるよりも、翌日が楽でした。

飲み過ぎないこと、夜遅くまで飲まないこと、そして体に合うお酒を飲むこと。

お酒と楽しく付き合いながら、早寝早起きの生活を快適に続けるためには、この三つが大切だと思います。

無理して合わないお酒を飲み過ぎないように気をつけましょう。

-健康管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年以降の健康管理、やっぱり空腹時間の長さがポイント!

中年以降の健康管理で大切なのは食べ過ぎない、飲み過ぎない。 特に30代後半からは効果を実感出来る。 ポイントはただ食べる量を減らすのではなくて、胃を動かさない時間をどれだけ長く伸ばせるか。 空腹になっ …

節酒日記(一人酒の禁酒)、10回目の飲酒。有楽町でお仕事関係。

有楽町でお世話になりました。 お仕事の身内でお世話になりました。 基本ビール、あとはハイボール。 それが、間違いないです。

飲酒2020年3回目。お仕事の懇親会。

仕事始めで早速飲み会。 グラスにビールを4、5杯とウーロンハイを一杯のみ。 飲み過ぎずに終えました。

アルメタ軟膏。ワセリンとかクリームに混ぜてくれたりする素の薬。花粉皮膚炎やらアトピー性皮膚炎の初期なら効きます。少し酷くなったら顔はロコイド軟膏、体はボアラ+ヒルドイドが良いです。ステロイドの強さ一覧。

2月頃の花粉皮膚炎から始まったアトピー性皮膚炎。 大人になってからは花粉の時期やら仕事が大変な時期に良く出ます。 一度なるとなかなか治りません。 皮膚炎の初期ならこのアルメタ軟膏を塗り易くワセリンやク …

no image

余裕が健康。

心に余裕があると健康になり易い。 睡眠時間に余裕があると健康、食事を食べ過ぎずに内臓に余裕があると健康、しっかり運動して体力に余裕があると健康。 経済的に余裕があると心にも余裕が出来て、良い睡眠環境を …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細