スポンサーリンク

会社員であれば給与を上げることも戦略が必要。仕組みとスケジュールを立てて試算する。

スポンサーリンク
給与
スポンサーリンク

経済的自由を手に入れるために稼ぐ力を上げる事が必要。

副業ブームではありますが、会社員であれば基本となる給与がまだ上がるのか?どのくらい上がるのか?どのくらいの期間でどのくらい上がるのか?をよく考えてみることも大切。

会社員の給与では足りないからって副業に力を入れることも大切ではありますが、意外と見落としがちな事が給与の伸び代を使い切っていないこと。

そもそも今会社に属していて毎月決まったお給料を貰っているのであればなんだかんだでそれが稼ぐことの基礎になっていて、この給与を上げることは長期的にみて大きな稼ぎになる可能性もあります。

これは副業が出来ないくらいに時間を全て捧げる訳では無くて、副業も出来るくらいに時間的な余裕を作りながらどこまで給与をあげられるか、また上がる可能性があるかを知っておくべきということ。

その企業によって給与形態が異なるので、まずは給与制度、人事制度をよく知ること。

そして額面的な手取り給与の他に、厚生年金などの自分に返ってくる各種社会保険、退職金制度、財形貯蓄制度、持株会制度、その他いろいろトータル的なメリットを全て試算して、毎月振り込まれる給与だけでは無い最大の稼ぎを把握しておくこと、そしてそれを最大限に活用してメリットを享受する。

周囲を見渡すとこれが出来ていない、そもそも意識していない会社員がかなり多くいます。

自分の所属する会社のメリットを使い倒していないうちから副業だ、転職だ、単に文句ばかり言っていてはもったいないです。

そして自分の力量と自分が今後どのくらいの立場まで上がって、もしそうなったらどのくらいの給与にアップするか、または退職金などど毎月の手取りだけでは無い部分も含めてどのくらいのメリットになるかを知っておいた方が将来的なスケジュールが立てやすくなります。

会社員としての将来的な伸び代と、もし立場が上がっていったときに失う時間や様々な可能性を事前に予測しておきながら働いた方が良いです。

あと何年までが会社員として稼ぎが上がるサラリーマン寿命なのかを知り、今以上に自由な時間が増えるのか?それとも減ってしまうのか?と言うこともある程度予測しておくべき。

自分の能力とタイミング的に立場が上がる可能性があって、立場があがることによってより自由な時間が増え、給与も増え、ストレスは増えないのであれば、戦略的に給与を上げていくことも稼ぐ力を上げる大切なことだと思います。

ついつい簡単に副業ばかりやっていたり、転職ばかり考えたり、投資に頼っていたりしがちですが、目の前の自分の積み上げてきたキャリア、権利を大いに活かすことを忘れないようにすべきです。

意外とまだ今の会社で増やせる可能性がある場合も多いです。

ただデメリットとして気を付けなければいけないことが、一般的には会社員としての給与を上げるには時間がかかる、そして会社の人事制度に依存していること。

ルールが変わってしまえば全てが崩れるので、給与だけに依存することはいずれにしても今の時代はやらない方が良いことであるのは間違いありません。

会社員をやっている方、今一度その会社として最大メリットを教授できる伸び代があるのかをしっかりその会社の制度を知り、自分の能力も知り、今置かれている自分のポジションと今後の可能性を予測した上で最適な状況はどこかを戦略的なスケジュールしてみたら良いと思います。

ただ単に会社という狭い組織の中で偉くなることを目指すだけはやめた方が良いです。

偉くなってその分の給与アップなどメリットがあるのか?自由な時間が減らないか?ストレスは増えないか?など総合的に見て、自分が会社員として最大限にメリットのあるポジションを目指してそこにいる事が大切。

言いにくくてもしっかりその最適解なポジションでありたい事を意思表示しておくことも重要です。

そんな中で副業や投資やらでしっかり経済的自由を目指しましょう!

給与
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました