Going my way

会社員だろうが自分が『やりたい』仕事を優先してやる!楽しそうに『なる早』で!!

2019/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

会社員の方、仕事は楽しいですか?

楽しいと答えられる人は人間関係が良好なことが多いと思います。
ただ、それは仕事が楽しい人以外にも職場環境が良くて人間関係的に楽しいと思っている人も多いのでは無いでしょうか?

そうでは無くて、仕事自体を楽しんでいる人は『やりたい』を仕事で実現している人だと思います。

やらされ仕事では無くてやりたい仕事と認識して活動している。
そしてそれを楽しみながら、なるべく早めに実行、実現させる。

会社員の多くは『やりたい』仕事が出来ていないのでは無いでしょうか?
私自身振り返っても出来ていない時期も多かったです。

その時期は楽しくありませんでした。

楽しく感じていた時期は同じ活動でも自分が『やりたい』と思って活動していた時期です。
そして出来るだけ早く結果を出そうとしていた時です。

人は組織、集団に無意識で染まってしまうものです。
守るべきものも多くなって、保守的になっていく。

気が付けば『やりたい』仕事よりも、『やらされる』仕事が中心になっていく。

定期的に自分の仕事を振り返って、会社が目指す大きな目標に到達するプロセスを『やりたい』ことで活動する。

その根底にはポジティブな考え方でやりたい仕事をやりきって、最悪クビにされてもしょうがない!
って最大リスクを覚悟してしまえば何も怖く無い。

ネガティブに辞めたい、仕事を変えたい、逃げたいと思っていると考えるのでは無く。
ポジティブに会社の方向性に沿った上で、やりたい仕事をやりきってしまえば、万が一があっても自分自身が成長している。

その成長した自分であれば、他の役割に飛ばされようが、最悪クビになろうがネガティブでやらされ仕事をしている時よりは良い生活が待っていると思う。

と言うことは『やりたい』仕事をやることは非常にリスクの少ないチャレンジ、投資だと思います。

そこに気が付いて、覚悟が決まればあとは結果をなるべく早く出す。

なる早でやる理由は、やりたいことをやっていても何も変化が無いと面白く無いからです。

なる早で完璧を求め過ぎず、失敗を恐れ過ぎず、やることで何かしらの変化や結果がでる。
例えそれが完璧で無くても、失敗だったとしても、やりたい仕事に動きが出る。

これが楽しいのです。
だから『やりたい』仕事は『なる早』で実行する。

これを目一杯楽しんでしまえば良いと思います。
目立ってしまうかも知れませんが、意外と良い感じに引き込まれて行くことも多いです。

みんな気がついていなかったり、気がついていても出来なかったりしているようです。
思い切って旗を振ってしまえば、味方は増えることもあると思います。

こうなるために自分がやって良かった点は週末を遊び切ること。

サラリーマンが週末で世界一周をする『サラリーマン2.0』と言うリーマントラベラー東松さんの本からも後押しをもらいました。

週末を目一杯好きなことに投資することで人生が充実して行くことに気が付きました。
そして平日の仕事も好きなこと、やりたいことを目一杯出来るように変わって来ました。

リーマントラベラーの本は会社員としての意識を変える良いキッカケの一つになると思いますので興味あれば是非。

色々な価値観を感じて、『やりたい』仕事を『なる早』で実行して仕事を楽しんじゃうことがオススメです。
そんな楽しそうに働く人を見て、周囲も元気になって、優しい心になって、充実感のある平和が広がると良いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2018 All Rights Reserved.