Going my way

他人の優しさにしっかり感謝!!相手が優しくして良かったと思って、更に繋がる優しさ。おっちゃんありがとう!電車に落ちた栞(しおり)のちょっとしたやり取り。

2019/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

通勤の電車でいつも通り読書をしていました。

途中から座れて、この寒い冬に暖かい車内で揺られてウトウト。

目を覚まして、読んで、ウトウトして、目を覚まして、読んで。

と電車内を過ごしていたら、自分の前に立っているおっちゃんが何やらしゃがみこみました。

どうしたのかな?

と思っていると、黒い小さな札を持って『これ落としませんでしたか?』と自分に声をかけて来ました。

なんだ?と思ったらそれは自分が使っているブックカバーに付属しているしおりでした。

本のサイズに合わせて色々なブックカバーを持っていますが、一番高価で気に入っている文庫サイズのレザーブックカバー。

それに付属で付いているレザーのしおり。

とても気に入っていて、長年使っていた愛着のあるものなので、本当にありがたかったです。

自分は落としたことに全く気が付いていませんでした。

周囲に人もいましたが、ありがたくて、ちゃんと声を出して『ありがとうございます』と伝えて何度も頭を下げました。

その先、自分より1つ前の駅で降りたので、また目を合わせてお辞儀をしました。

相手のおっちゃんも軽く手を上げて、応えてくれました。

ちょっとしたことですが、とても気持ちがいい、平和な経験でした。

これって、知らない、気が付かないフリをしても全く問題無いことじゃ無いですか?

たかが薄っぺらい1枚のしおりです。

わざわざ動いている電車の中で、しゃがみこんでまでこの薄っぺらい小さな1枚を拾う。

拾ったはいいけど、誰の物か分からなかったら?

そう考えたら面倒だなって思って、そのままにしてしまう人も多いのでは無いかと思いました。

逆の立場でもちゃんと自分は出来るかなぁ、とも考えさせられました。

自分はウトウトしていたので、今回は落ちるタイミングを見ていて、おっちゃんが声をかけてくれたのかも知れませんが、ちょっとしたことでも勇気を出して相手に優しくすることって素晴らしいです。

その時、すぐ思ったことが、この優しさを『繋げたい』ということ。

優しく、親切をした人が、やって良かったなと思ってもらえれば、またどこかで人に優しく、親切にしてくれるはずです。

それにそのやりとりを見ている人の中には、そのやりとりがいいなと感じてくれる人も少しはいるはず。

だから、ちゃんと優しくしてくれたことに感謝する、親切にしてくれたことに感謝する。

自分も他人に優しく、親切でありたいなと思いました。

優しさ、親切をすることだけではなく、された時に自分がどうするか?

その時だけで終わらせず、優しさや親切は『繋がっていく』という感覚も持ち合わせると、世の中がもっと平和になるのでは無いかなと思いました。

このブックカバーを使うたびに、今回の経験を思い出したいと思います。

さり気なく格好いい、おっちゃんありがとう!

大切にブックカバーを使い続けます。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.