今のお給料に不満??金額だけで判断はもったいない×、給与プラスαの価値をもれなく得ることも大切!!

給与
スポンサーリンク

サラリーマンをやっていて今のお給料に満足していますか??

いくらもらっても不満がある人が多いような気がします。

新人の頃もそう、中堅、ベテランになってもそう、常に不満癖がついてしまっている人は要注意です。

投資やらちょっとした副業やらを自分でやってみて感じることは、やっぱり毎月決まって振り込まれるお給料ってかなりありがたいこと。

正直、大した貢献もしていないなって感じている時だって毎月決まった日にお給料が支払われています。

でも自分自身で稼ごうと思ったら、頑張っているのに利益が1円も出ないことなんて当たり前。

それどころか一生懸命にやっているのにマイナス収益になってしまうことすらあります。

そんな時にやっぱり収入のベースとして毎月振り込まれるお給料はとてもありがたい存在、給料だけで生活をしているともっと欲しいと単純に考えてしまい、不平不満が出てしまいがちですが、この変化の大きな世の中でそもそも年功序列で安定的かつ確実にお給料が上がっていくなんてことはもうほぼ有り得ません。

だから、給与収入に関しては単純に金額の多い少ないだけで判断すること自体がもはやナンセンス、金額だけで判断しないことが当たり前になって来ています。

先ずはその状態に自分自身がしっかりと腹落ちして気がつくことが必要です。

今所属している会社からもらえる収入につながるメリットがしっかり享受出来ているかを網羅的に考えてみましょう。

例えば会社に属していれば各種社会保険を自動的に支払えます、それでいてイデコなんて非課税の制度も併用出来ます。

それ以外に財形貯蓄制度があったり、場合によっては持株会制度で自社株がお得に購入出来たり、将来自分で稼ぐことに繋がるスキルが身に付いたり、会社の仕事で人脈を広げることが出来たり、給与の金額だけでは測れないメリットが意外とたくさん有ります。

会社に依存し過ぎないことで、固定の給与をもらいながら自由に使える時間を増やして、その時間で副業や投資を行なっていれば副業や投資のリスクも低減出来ます。

職種、業種によりますが今のご時世であればテレワークという働き方もごく一般的になって来ているので、より一層会社員で有りながらも自分の自由な時間を創出しやすい環境になっています。

自分の過去を振り返ると、会社からもらえる給与に不満がある時は、自分の収入の100%を給与に依存している状態でした。

100%給与に依存しているからもっとお金が欲しい気持ちを会社に当てるしかなかった状態。

そこから不動産投資、株式投資、ブログ運営、電子書籍出版、物販などと色んなことを始めて少なくても給与収入以外でお金が動くようになってきたら給与に対して不満を感じることが大きく減りました。

むしろ給与が減っても毎月決まってもらえることにちゃんと感謝するようになりました。

もしお給料に不満を感じてしまったら、今の会社、今の働き方で給与金額では見えないメリットをしっかり使い倒しているかをよく確認すると良いと思います。

会社員であることのメリットをしっかり使い倒して、給与プラスαの価値をしっかりと受け取る、そして給与以外の収入を育てて行くことが大切です。

給与
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました