教育

久々のカテゴリー追加、『教育』を増やしました。

投稿日:

educationカテゴリーを本日から追加、長倉顕太さんの『移動力』を読み直していたらこれを増やしたいと感じました。

自分の好きなことをカテゴリーにして残しているこのブログ。

続けていくうちにどんどん変わっていって、自分で書き残しながら自分の変化が面白いと思います。

家庭では子供が出来て、仕事では後輩が出来て、気が付けば教えることが好きになっていました。

教えること自体が、自分の学びになる。

そして教えた報酬は相手の成長。

相手の成長を見てお金では得られない幸福感を感じます。

教育出来るほど大した人間になっていませんが、教育しながら教育されていく過程を残して行こうと思います。

いつか相手が羽ばたいて、自分との関わりが減っていったとき、そして素晴らしく満足出来る人生を送って、落ち着いたときにふと眺めてもらえれば、また次の世代に繋げてもらえるかなと少し楽しみにしたいです。

とりあえず気軽に教育カテゴリーを始めてみます。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

失敗をさせてあげる。

人を育てるとき、失敗は必要な過程。 ここでいう失敗とは、本質的には成功の過程のことで、その成功のために失敗が必要だということ。 ではどうやって失敗をさせてあげるのか? それは答えを教えないこと。 教え …

やるべき事を明確にして見守る、繋がる、そして待つ、それで伸びる。教育、成長を促す接し方。

子育て、部下教育、その他色々。 人を育てる、成長してもらう、そのための接し方。 その前提は全ての結果において教育者が責任を持つこと、これが必ず大前提。 その上で、やるべき事を明確にする。 その後の接し …

イライラしない、余裕を持つ。

何かを伝えたい時、うまく行かなくてもイライラしてはいけない。 感情的になったらダメ。 かと言って間違いに対して緊張感が無くてもダメ。 余裕を持って対処すべき。 なかなか難しいものですが、出来ている人は …

相手が先で自分が後、個人が先で組織が後。

大きな成果を出すために必要なこと。 それは順番。 同じことをするにしてもメリットは相手が先、そして自分が後。 決して先に自分がメリットを受け取るべきでは無い。 もちろん例外はありますが、大きな基本原則 …

2020年初日の出&初富士山!!やりたいことから逃げない、どんな1年になることやら。

2020年初日の出と初富士山を拝みました。 よくある今年の抱負。 みんな1年後にも覚えているのかなぁ? 自分は覚えていません。 なぜなら未来ばかり見ているから。 とでも言いましょうか、ただの気分屋さん …

翻訳

お父さんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細