MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

中年以降の健康管理、お酒を飲まないととにかく調子が良い。

お酒を飲まなくなって数ヶ月。

とにかく毎日の調子が良いです。

若い頃は体力もあって、回復力も高いから気が付きにくかったですが、中年以降になるとはっきりと違いが分かります。

毎日こんなに調子が良かったっけ?って。

特別調子が良いと言うよりも、とにかく調子が悪くない。

同じ睡眠時間でも翌朝のスッキリ感が全然違う。

ビール、ハイボール、ワイン、焼酎といろんなお酒を嗜んでみましたし、お酒を飲む頻度を週末だけに減らしてみたり、1回の首席で3杯までとか制限をつけてみたりしてお酒の飲み過ぎを抑制したり試してみましたが、結局はそんな制限をしたり、我慢をしたりするのでは無くて、一切飲まなければ問題無し。

タバコをやめた時と同じ感覚です。

タバコを吸わないと人付き合いでコミュニケーションが取りにくくなるとか思って、節煙でタバコの本数を減らすだけでやめなかったりしても結局は無意味。

それにタバコを吸わなくてもコミュニケーションが取りにくくなることも無くて、むしろタバコを吸わない人とのコミュニケーションが取りやすくなったり、その喫煙時間を他のことに費やすことが出来たり、お金がかからなかったりと実は禁煙でメリットしかなかったと言うこと。

お酒も結局は一緒かなと思っています。

お酒を飲まないとコミュニケーションが取れないのであれば、その関係性ってそんなに必要なのかをもう一度よく考えてみたら良いかも知れません。

一緒に食事を取るだけでも十分にコミュニケーションが取れますし、タバコの時と一緒で、新たにお酒を飲まない人とのコミュニケーションが増えたりして新しい気付きが得られるようになることもあります。

楽しさであったり、コミュニケーションをお酒に頼らない人たちが大切にしている価値観、習慣は何かを知ることが出来るのはとてもメリット。

1日がとても有意義に使えるようになって快適快調です。

仕事などでどうしても飲酒を勧めてくるような相手とのコミュニケーションは本当に必要ですか?

今まで必要だと思っていたことが意外と必要では無くて、そのコミュニティーよりももっと自分に合った次のステップへ成長するコミュニティーがあるかも知れません。

中年以降の健康管理でお酒を飲まないことは特にお勧めですが、若いうちからお酒を飲まなくても勿論O Kだと思います。

お酒とタバコ、無いならないで生活の質、時間の質が向上するのでメリットが多かったです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次