中国輸入せどりを初めて1ヶ月目の感想、利益を取れる商品選びの目利きが難しい…。千円以内の仕入れで試した状況。

物販
スポンサーリンク

稼ぐ力を高めるためにやってみたせどり。

今回は中国輸入せどりを始めてから1ヶ月くらいの現状です。

結論から言うと、適当にやっているだけでは難しい。

全然知識も経験もない中でネットでちょっとだけ調べた情報を元に始めてみた中国輸入せどり。

仕入れ元はアリエキスプレスと言う中国のサイト。

正直失敗しても気にならない程度でやってみようと考えたので送料込みで千円以内、出来れば五百円以内と仕入れ金額を基準に商品選定。

たぶんこの時点でダメなんでしょうね。

商品カテゴリーは女性向けバッグ、ワンピース、スマートウォッチ風時計、キッチン用品、スポーツ用品など。

小さくて、軽くて、壊れにくそうな物をチョイス。

それをメルカリで販売。

10品以上出品しましたが一向に売れません。

1ヶ月で売れたのは5、6百円で仕入れたスマートウォッチ風時計を千円程度でだけ。

メルカリ手数料、送料を差し引いたら利益は百円ちょい。

なかなか厳しい現実です。

ファッションアイテムがよく売れているカテゴリーなんて書いてあった記事もあったのですが個人的には難しい印象。

ブランド品でも無い限り、かなり埋もれます。

安い商品ばかりを適当に仕入れていたら、実物が届いて見た時にやっぱり安物だねって分かります。

もちろんトライアンドエラーで経験値を上げて稼げるようになって来るのだとは思いますが、いきなり中国輸入せどりを始めるよりは日本国内の店舗せどりである程度の自分が好きそうで得意になりそうなカテゴリーを絞り込んで経験を積んだ方が相場感が分かったり売れる商品選定のコツを掴めるような気がします。

そして安価な商品はそれだけ利幅も小さいから単にリスクを恐れて安さ重視での商品選定はダメそうです。

むしろそれなりに需要がある高い商品をどれだけ安く仕入れることが出来るかが失敗しないポイントだなと、物販の当たり前を痛感した1ヶ月でした。

稼ぐ力を高めるため、副業として始める中国輸入せどりは日本国内での店舗せどりなんかを試したり、自宅の不用品販売から試してからやってみた方が良さそうと分かりました。

あと中国輸入せどりの難しさは商品が手元に届くまでに時間がかかること。

長いと1ヶ月程度の時間がかかるため、季節商品を仕入れるときはシーズンが過ぎてしまわないように注意が必要です。

それでも送料込みでこんなにも安く商品が中国から届くなんてびっくりしたと言うのが感想で良い経験でした。

物販で儲かるためには当たり前ですが安く仕入れて高く売れること。

そしてたくさん売れること。

利幅重視なのか、回転重視なのかも考えていかないといけません。

まだ1ヶ月だけの感想ですが、ブランド品でも無い限り儲かる商品の目利きがなかなか難しい中国輸入せどりでした。

そんな時に商売をやっている昔の知り合いからキッチン用品などの在庫処分セールのご案内。

小さな会社なので競合相手も少なく、意外や意外、かなり相場よりも安く商品が少し仕入れることが出来ました。

相当な目利き経験、リサーチ力が無ければ、より深く競合の少ない仕入れ元を作ることが大切だなと感じました。

その商品はまだ出品していませんが、同じ商品の売れた金額最安値よりも安く出品しても千円以上の利益は残りそうです。

それに一応ブランド品なので、よく訳の分からない中国輸入品よりも検索ヒットもし易いのでは無いかと思います。

そんなことで初めての物販、アリエクスプレスで千円以内の商品を仕入れてメルカリで販売するど素人中国輸入せどりの1ヶ月目は全然売れない状況です。

ただ、一歩でも実行に移すことで知識経験は必ず増えるのでいきなり上手くは行かなくてもやってみて良かったとは思います。

遊び半分で楽しみながら出来る人にはせどりは向いていると感じました。

無駄に飲み会や外食、パチンコ、スロットなどのギャンブルでお金を失うくらいであれば、そんな多少の損はしても娯楽といてオッケー、そんな気持ちでチャレンジしていけば経験値が上がってそのうち勝率も良くなるので無いかなと思います。

せどりは世の中の商品相場を知れてなかなか面白い、でも勉強もしないでリスクも取らないで適当にやって直ぐ稼げるようなことは無さそうです。

10品以上も在庫が残っているのでここで中国輸入の仕入れは一旦ストップ、後はどうしたら売れるかも研究が必要と感じる中国輸入せどりの1ヶ月目でした。

物販
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました