リラックス&リフレッシュタイムに何を飲む?お酒でも無く、コーヒーでも無く、紅茶か水。

趣味
スポンサーリンク

仕事に家事に遊びに一区切りのリラックスタイムを過ごす時、何を飲みますか?

お酒を飲んだり、コーヒーを飲んだり、ジュースを飲んだり、色々あると思います。

そんな中で最近ちょうど良いなと思う飲み物が紅茶と白湯。

お酒もコーヒーもジュースも元々は大好きですし、飲もうと思えば美味しく飲めてしまうのですが、やめてみたら健康的にとても快適になったのであまり飲まなくなってしまいました。

お酒が一番やめることが大変でしたが、どうしても飲み過ぎてしまったりして内臓を酷使してしまいがちなので、健康面でもリラックスで飲んだことで体のダメージが大きく、回復する時間もたくさんかかってしまいます。

思い切ってやめてみたら毎日ぐっすりとよく眠れて、翌朝のスッキリ感が全然違います。

お金も時間も余裕が増えて体調も体力もコンディションが整いやすいので、お酒を飲まない快適さを堪能したらそれはそれで快適な生活です。

そしてコーヒーも同じ。

お酒と同じで中毒性が高く、飲んでいると習慣的に飲みたくてしょうがなくなってしまいます。

比較的健康に良い飲み物として知られていて、自分も長年コーヒー好きで習慣的に毎日飲んでいましたが、やめてみると意外と快適でした。

コーヒーもお酒と一緒で程度問題なのでしょうが、ついつい飲みすぎてしまいがちでカフェインの摂り過ぎになってしまっていました。

カフェインによるリフレッシュ効果、覚醒効果は生活にメリハリを与えてくれてメリットも多いのですが、個人的にはコーヒーのカフェインは刺激が強過ぎたのかも知れません。

夕方から夜にかけてコーヒーを飲んで仕舞えば寝付きが悪くなってしまったり、一度コーヒーを飲んでしまえばまた何度も毎日飲みたくなってしまって、感情を誘導されているような感覚にちょっと違和感を感じるようになりました。

そしてジュースはもはや健康を考えると論外。

いろんな砂糖入り飲料を散々飲んで来た結果として、どんなに健康効果をうたっていても、大抵はジュースのカテゴリーです。

人工物が入っていたり、砂糖が入っている飲み物は飲まないに越したことはありません。

知らず知らずのうちに砂糖中毒になってしまい、健康に良いことなんてほとんど無いと思います。

結局はお水が一番という結論なのですが、リラックス&リフレッシュタイムのお供として何を飲むか?というのも人生に彩りを加える心の健康に繋がります。

ずっと水だけ飲んでいることも良いですが、大切な人と一緒に時間を過ごす際にお水だけではちょっと味気無い感じもします。

そんな時にちょうど良いなと思って、最近またハマている飲み物が紅茶。

ほうじ茶、ルイボスティー、麦茶などのカフェイン少なめな飲み物も一通りハマってきましたが、結局カフェインがしっかり入っている紅茶に辿り着いた理由は一般性。

どんなお店に行っても多くの場合でコーヒーと紅茶はメニューにあります。

でもほうじ茶、ルイボスティーなどに拘っているとなかなかお店ではありません。

そうすることで結局は何を飲んだら良いのかな?ってブレブレになってしまうので、カフェインのリラックス&リフレッシュも感じながら美味しく、どこでも飲みやすい紅茶がちょうど良いです。

紅茶は場面によってホットの場合もありますし、アイスティーで飲む場合もあります、お水も同じ。

常温もあれば、氷を入れて冷水で飲んだり、鉄瓶で沸かした白湯を飲む場面もあります。

健康的な食生活のお供の飲み物として色々試してきましたが、紅茶と水をベースにしたらとっても快適になりました。

自宅でのリラックス&リフレッシュタイムは鉄瓶で沸かした白湯、外出先でのリラックス&リフレッシュタイムは紅茶、余計な成分を体に入れないことも健康に良いと思いますが、いちいち迷わないで飲みたいものが決まっていることでの心の快適さも感じます。

だからと言って、紅茶とお水しか飲まないと決めつけ無くてはいけない訳では、自分で選ぶ基本を紅茶と水にするだけなので、他の人からおすすめで出してもらった飲み物で飲みたいと思えばもちろん口にします。

飲み物は体へダイレクトに吸収されやすいものなので、ちょっと気にしてみるだけで健康に効果的だと思います。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました