スポンサーリンク

ランニングからジョギングになったら楽しく続くようになった♪楽しさ優先、ハードルを下げまくる。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク

最近走ることがとても楽しい。

街中でよく走っている人を見かけて、何が楽しいのかな?って思っていましたが、走る楽しさが分かるようになって来ました。

でも、単純に「走る」ことも大きく分けて2種類。

「ランニング」と「ジョギング」があります。

そんなことは全く気にせず、とにかく健康のために走ろうと思ってやってみて直ぐに続かなくなってしまったことがありました。

その時を思い返すとそれは「ランニング」でした。

初めはゆっくりと短時間、短距離で走っていたのですが、徐々に楽しくなってきてストイックになって来たら、ある日突然に面白くない、面倒臭い、しんどいと言う気持ちに変わってパッタリと走ることをやめてしまいました。

アスリートでも無いので誰と競っている訳でも無いのに、自分との戦いをやり続けてしまって失敗。

人によってですが、自分は自分の健康のために走りたかっただけなので「ランニング」にすることでハードルが徐々に上がってしまいました。

「楽しい」と言う感情よりも、「走らなきゃ」と言う義務感的な感情になってしまうと結局続かなかったです。

そのおかげでここ数年は「走る」=「楽しくない」となってしまっていました。

そんな全く走ることのない日々を数年過ごしていて、ひょんなことから軽い腰痛持ちになってしまい、その改善方法として軽いジョギングが効果あったと言う話を聞いて久々に走ってみたくなりました。

今回の目的は漠然と健康のために運動したいと言うことではなくて、明確に腰痛改善。

だから速く走ろう、長く走ろう、たくさん走ろうそんなハードルを高める発想は全くありません。

要するに楽しむジョギングってことです。

ちょっと近所へのお使いなんて時もジョギングにしてみたり、大きめの公園を1周だけジョギングしてみたり、速さも距離も時間もその時次第。

そして妻と一緒にジョギングをしたら喋りながらでも全然OK。

そんな最低ハードルにしていたら、走りたい!走ることが楽しい!となりました。

走る頻度も走りたい時だけ。

連日走る時もあれば、1週間あいだが空くことも当たり前です。

そして、ランニングでは無くて、本当に軽いジョギング程度なので走る格好も本気のスポーツウェアでは無くて、普通のカジュアル服のままにしちゃっています。

格好もハードルを下げて、着たい格好であればジーパンでも何でもOKにしています。

走ると言っても「ランニング」では無くて、「ジョギング」だと自分で思えば気持ちも軽くてシンプルに体を動かす楽しみが感じられるようになりました。

いつも走ることが続かない方は最低ハードルの「ジョギング」、細かいルールは一切無しでやってみて下さい。

ちょっと走りたいなって思う頻度が増えると思います。

「ジョギング」生活を趣味として取り入れてから気が付きましたが、意外と汗をしっかりとかけます。

ガンガン走らないと汗をかかないかなと思っていましたが、歩くことよりもちょっと早い程度のジョギングを少しやっただけでも結構汗をかくものです。

一言で走ると言っても人それぞれ、楽しみ方は色々あります。

「ランニング」しか視野に入っていませんでしたが、「ジョギング」もおすすめです。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました