MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

ファシリテーションを楽しむ。人と人とを繋げる仕掛けを作って、笑顔と笑顔を繋ぐ。研修、会議、ミーティング。

ファシリテーション。

ファシリテーションとは、会議やプロジェクトなどの集団活動がスムーズに進むように、また成果が上がるように支援することをいう。

ビジネス上で使われることが多く、単に仕事の成果を上げるために必要なスキルと思っていました。

成果を上げるために集団活動がスムーズに進むように支援する。

集団活動がスムーズに進む。

集団活動で争いが起きないように支援する。

集団が平和になる。

集団が平和になったら自分も楽しい。

ビジネス的にファシリテーションをする場面も、考え方、見方を変えたら個人的にも楽しめそうだ。

ファシリテーションをする役割って何かと大変だけど、自分がやりたい目的を個人的に持ってしまえば楽しめる。

仕掛けを作って、人と人とを繋ぐ。

笑顔、笑い、が出るような仕掛けを仕込む。

自分が面白いことを言って笑わせる必要は無くて、人は楽しいと思ったら純粋に笑顔が出るものだから、くだらない事でもちっちゃな楽しいを作る、またはしっかり拾う。

そしてその笑顔にファシリテーターも便乗する。

この小さな繰り返しで、自然に笑顔と笑顔が繋がる。

面白いものです。

伝染、拡散します。

あとは飽きないようなテンポ。

ファシリテーターとして評価は求めないことも非常に大切。

目的を果たすために黒子に徹する。

ファシリテーターが仕掛けたことは誰も分からず、または忘れてもらって良いと思う。

でもその集団はなんかもっと仲良しになっている。

平和を作るゲームとして考えてもファシリテーションは楽しめると思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる