スポンサーリンク

ハッキリ伝えた方が平和なんだな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本人によくありがちな曖昧さ。

自分の悪い部分です。

ワガママ自己中、好奇心旺盛、気になったらやってみないと気が済まない。

その割には物事をハッキリ言わない。

ダメですね。

相手との軋轢を避けるつもりで、ハッキリ言えないのですが、それは逆効果。

ハッキリ伝えないから状況は変わらない、だから同じことを何度も遠回しに言ってしまう。

曖昧だし、自分はいい人でいたいという、深層心理が透けて見える。

結構そういう人って多いのではないでしょうか?

でも、これは全く意味の無い、逆効果でした。

自分がどうしたいか?

自分が相手にどうして欲しいか?

ハッキリ伝えるべきです、格好つけず、見栄を張らず、その場限りのいい人を演じずに伝えるべきだったんです。

それが、その先を考えた時の平和なんです。

取り繕うことと、嘘をつくことは近しい。

嘘は必ず、いつかどこかで破綻します。

同じだったんです。

だから、ちゃんとハッキリと伝えます。

ハッキリ伝える際、1つだけ注意しなければいけないと感じた事は、くどくど話さないこと。

長ったらしく話さないことです。

ちゃんと相手が理解出来る範囲で、コンパクトにハッキリと伝える事が大切だと思います。

そして、ハッキリ伝えた後はちゃんと後追いフォロー、そこまでがワンセット。

ハッキリ伝えることも大切ですが、言いっ放しも良くない、ちゃんとその後どうなったか、どう変わったかをフォローは必要です。

本音のお付き合いとでも言いますかね。

ハッキリ伝える分、言い方、話の長さ、相手の状況、その後のフォローはハッキリ伝えた人の責任としてちゃんとしなければいけません。

そんなことまでちゃんと出来れば、もっと発展的に平和な関係性が気付けて、互いに成長し合えると思います。

足りない部分に反省して、出来るようになろう。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました