MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

セオリーの洋服で気分が上がらなくなった30代後半主婦の話。

女性に人気のアパレルブランド『セオリー』。

夫婦ともども30歳くらいになって、かなりハマりました。

でも、何だか40代が見えてきてから、イマイチ気分が上がることが無くなってきたようです。

色々考えてみた結果、妻の気分が上がらなくなった理由は『上質感とリラックス感のバランス』だったようです。

我が家の妻はオフィスで仕事をする訳でもなく、子育て世代の主婦が基本の生活で、週に数回近所へパートに出るような生活。

20代の頃は経済的にも余裕がなく、お安いブランドの洋服を着ていて、30代になって多少はお金の余裕が出てきて、今まで買えなかった少し上質なセオリーを気に入ってきていました。

セオリーはキレイ目の格好も多いですが、結構カジュアルだったり、スポーティな洋服もあります。

セオリーの中でもリラックス感が強めな洋服を選んでいたのですが、それでも気分が30歳前後だった当時よりも上がらないのは、自分自身の年齢が上がったからだと思いました。

30代後半くらいからのオシャレは洋服以外で大きく雰囲気が変わってくるようです。

上質で高級な洋服を着るよりも、日頃からしっかりと体をケアして引き締まったスタイルを保つ、そして自然と溢れる笑顔や優しさがある余裕な雰囲気。

自分自身の心と体の豊かさがオシャレ感に伝わってしまうのが、30代後半以降。

30代前半はちょっと良さそうな洋服をいているだけで、何となくオシャレに見えるけれど、歳を重ねるごとにそうはいかなくなっていくようです。

むしろ、高級な洋服をいている方が40代以降は頑張り過ぎている感じで、余裕がなく見えてしまうこともあると思います。

たくさんのお気に入りだったセオリーの洋服たちを全て処分をして、ユナイテッドアローズくらいの価格帯とリラックス感に戻ってみたら、違和感なく、頑張り過ぎている感もなく、とっても可愛くカジュアルファッションを楽しめるように戻りました。

オフィスワーカーなど、お仕事の雰囲気が合う方以外、セオリーは20代後半から30代前半くらいまでが一番オシャレに感じるちょうど良い年代かなと思いました。

夫婦ともどもセオリーは大好きなブランドで、とってもお世話になりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

目次
閉じる