MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

スマートキーを入れたキーボックスが開かなくなって困った!アナログキーをくびにぶら下げることにしました。車でサーフィンに行く時は注意。

ビビりましたよぉ〜。

久々に1人、車で海に行って、キーボックスにスマートキーを収納しようとするとフタが閉まらない。

スマートキーのサイズが大きくてフタは閉まっても、鍵が回らない。

何度も試してみると、ようやく閉まりました!

良かった、やっと海に入れる!と思って、一応開くかを確認したところ、開かない、、、マジ!?

ウェットスーツで、板を持って、横に車があるけれども開かない。。。

しかも人の少ない早朝。

久々に本気の冷や汗をかきました。

2、30分キーボックスと格闘して、何度も回してみたり、叩いて鍵の位置をズラそうしてみたり、そうしていると何とか開きました!!!

車とボードを駐車場に捨てて、ウェットスーツのままタクシーに乗って自宅に帰ろうか、それともランニングしている人を掴まえて、自宅に電話して家族にタクシーでスペアキーを持って来てもらおうか、色んなことを考えながら過ごしました。

本気で焦りました。

こんなことは2度と経験したく無いと思って、鍵を首にぶら下げて海に入れるグッズを即買いました。

自分の使っているスマートキーは、ボタンを押すと金属棒で昔ながらのアナログキーが出て来ます。

なので、それを海に入っている時は首にぶら下げて、スマートキー本体はキーボックスへしまうようにしました。

ちゃんと鍵が締まる収納の角度も覚えたので、もう大丈夫。

万が一があってもアナログキーがあるので、車には入れます。

便利にデジタル化し過ぎるのも怖いですし、キーボックスに鍵を入れるのも怖いなぁと思いました。

これがサーフトリップで、遠方で1人だったらと考えるとゾッとします。

皆さんキーボックスの取り扱いには注意しましょう。

それと出来れば、アナログキーも首にぶら下げておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次