スマホから離れる。スマートフォンの画面ばかりを見ていると幸福感が逃げていくような気がする。。。

趣味
スポンサーリンク

日々すごい速さで便利になっていく世の中。

その大きなきっかけの1つとしてスマートフォンがあることは間違いないと思います。

何でも調べられますし、お金の支払いも出来る、音楽も聞けて、映画も見れる、本当にスマホ1つで何でも出来てしまうような世の中です。

家の中を見渡しても子供から大人までスマホを触ることが多いことに気が付きますし、街中に出ればスマホを手にしている人はすぐに見当たります。

必要以上に便利になって、情報がいつでもどこでも取得出来る環境に置かれています。

結果として1日を大きな時間をスマホの画面と共に生きているような感じ。

このスマホ依存の弊害は色々と言われていますが、やっぱり大きな悪影響があると思います。

確かにスマホを使ってお金を稼ぐことも出来たり、情報をたくさん取得することも出来てしまいますが、お金も情報も便利さも本当に必要な分だけあれば良いのではないかなとも考えるようになりました。

多いことが良いという世の中ではなくなってきているということ。

そもそも人として生まれて限りある人生を過ごす中で、人としての幸福感をたくさん感じることが出来たらそれはとても素晴らしいことでは無いかと思います。

お金も情報も便利さもあくまでもそのツール、道具であって、目的では無いはずです。

自分の感覚としてはスマホに依存する時間が長くなればなるほどに何処となく心が満たされない感覚を感じます。

漠然とですが幸福感が下がっているのです。

リアルな人との繋がり、自然とのふれあい、穏やかな時間、幸福感を長く感じられるような生活の仕方に戻す必要があるのでは無いかと感じる頻度が増えました。

確かに仕事にプライベートに急速に進化するIT技術が入ってきていますが、全ては人間の生活を豊かにするためのはず、それがITに行動を誘導されて制限されて無理やり効率的な世界へ引き込まれてしまっているような気がします。

だからこそ断捨離、ミニマリスト、シンプルライフなんて考え方が求められるように年々なってきているのだと思います。

何度スマホから離れようと思っても、やっぱりスマホ無しの生活は考えられない世の中になってしまっています。

スマホありきの世の中、スマホありきの生活、でもよく考え直すとスマホを活用することでいろんなことが便利になっていますが、そもそもその便利さって本当に必要?って考え直すことも必要だと感じます。

そもそもそんなに情報を自分から探す必要があるのか?そんなに人と無理やり繋がっている必要があるのか?ITが進化した世の中も主役は人であり続けて欲しい物です。

スマホと離れても離れても、気が付けばすぐ近くに来てしまう、すぐに画面を見てしまう。

一旦見てしまうと他のことにも派生して気がつけば長いことスマホの画面を見ている。

だから定期的にスマホと離れる習慣を取り入れることが必要。

スマホの便利さが自分の人生の幸福感を下げていないか?定期的に振り返ることも大切では無いでしょうか。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました