スポンサーリンク

スタバでディカフェを飲む。ドリップorアメリカーノ。後味の違いでアメリカーノ派。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク

 

 

最近カフェインの過剰摂取に気を付けています。

それでもカフェタイムをして、作業をしたい、考え事をしたい、リフレッシュしたい、そんな時にディカフェのコーヒーを良く飲むようになりました。

ディカフェのブラックコーヒーだと、選択肢はドリップかエスプレッソにホットウォーターを足したアメリカーノ。

始めの頃は直ぐに提供してくれるアメリカーノを良く飲んでいました、普通のドリップよりもスッキリ癖の無い味わいです。

逆に言うと、スタバらしい濃いめのコーヒー感ではありません。

これは好き好きですが、自分はスッキリして美味しいと思います。

そして、ドリップの方ですが、これは提供するまでに10分程度時間がかかります。

出来上がったら席まで運んでくれる流れです。

ディカフェアメリカーノに比べて、ディカフェのドリップコーヒーはスタバらしい濃さがしっかりあります。

アメリカーノばかり飲んでいたら、やっぱりドリップも美味しいなぁと思いましたが、何度も飲んでいるうちに、飲み終わった後の何とも言えないコーヒー臭さが口の中に残るのです。

スッキリ爽やかなコーヒー感では無くて、ちょっとくどいようなコーヒー臭さ、それが飲んだ後も結構続きます。

顔の近くに来れば、他人でも気付くくらいに匂いが残っているようです。

やっぱりディカフェにしている、加工しているので違いはあるのだなと思いました。

ちゃんとディカフェにしているんだなと。

その後に、今度はドリップコーヒーで、ディカフェと普通のものを比較しようと思って飲んでみたところ、普通のドリップにはそのようなくどいコーヒー臭さはありませんでした。

ガツンとコーヒーの濃さが来るコーヒーを飲みたいときは、やっぱり普通のドリップコーヒーが美味しいなぁとつくづく思いました。

一回飲んだくらいでは気が付かなかった程度ですが、ドリップコーヒーのディカフェは飲んだ後のスッキリ感が感じられず、一旦気になってしまうと、ちょっとした不快感を飲み終わったあと30分くらい気になってしまうようになりました。

それと同時にカフェインをとってもオッケーなタイミングであれば、普通のドリップコーヒーが今まで以上に美味しく感じるようになりました。

結局、ディカフェでコーヒーを飲むなら、後味のくどさもない、アメリカーノが継続して飲んでいても美味しく感じます。

どちらも良く飲んでいましたが、最近は専らディカフェはアメリカーノ。

カフェイン有りの時は、普通のドリップ。

そんな感じで、シーンに合わせて飲み分けることで落ち着いています。

ただ、アメリカーノを注文すると、ワンモアコーヒー券が付いてきませんので、同じ日に2杯目を飲む場合は、ちょっと割高になってしまいます。

コスパを重視する方は、1日2杯飲む場合はディカフェもドリップがお得です。

ディカフェにするしない、関わらずドリップであればワンモアコーヒー券がもらえて使えます。

ディカフェにする場合はその金額にディカフェ変更代として、プラス50円となります。

コーヒーは嗜好品なので、どちらも良し悪しがあって、好き好きですが、ディカフェなら後味がスッキリしているアメリカーノ派で落ち着いています。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました