サーフィン

サーフィン練習、2019年18回目in伊豆白浜。子供達と一緒にサーフィン!!湘南よりもゆったりのんびりと家族で楽しめました!

投稿日:

昨年からドハマりの伊豆白浜。

白くて綺麗で広い砂浜、そして透き通った海、両サイドには緑もあって、なんて最高な環境なんだってつくづく思います。

ここ最近週末もお仕事やお勉強をしていたため、かなり体が鈍っていました。

仕事とかって、やり過ぎるとやっていない自分が不安になってやり過ぎちゃうのが危険だと感じました。

ちゃんと頭を切り替えて、遊びを入れないと良い仕事も出来ませんし、そもそも人生がつまらないものになってしまいがち。

どんなに仕事が楽しくて忙しくても、全く頭が切り替えられる遊びを入れた方が、仕事の発想も広がるし、いろんな面で良いことばかり。

なもんで、久々の海、サーフィンを小学生の子供たちの夏休み最後の週末として伊豆白浜へ行きました。

まだ海水浴場がやっている時期なので、午前10時くらいからは混雑して来ましたが、9時前なんてプライベートビーチ状態。

向かって両サイドがサーフィンエリア、いつも右側で入っていますが、真っ白な砂浜と透明な海を家族でほぼ独占状態です。

砂浜には多少の人は既にいましたが、7時台は海にはほぼ誰も入っていません。

土曜日の朝7時、テントを張ってポジション取りをしている海水浴客はこんな感じです。

朝日が差し込んで、何とも素敵な雰囲気。

わざわざ飛行機を使って旅に行かなくても日帰りで行ける距離にこんな素敵な場所があるなんて有難いなぁと眺めていました。

綺麗な海を見に行きたいと思えば、沖縄まで行かなくても伊豆白浜で大丈夫だと思いました。

伊豆白浜に行く時の駐車場はいつもここ。

ファミリーマートのお隣です。

料金は海水浴シーズンは1日2,000円、それ以外は1,000円とちょっとお高めかな?持参した方が予算を抑えられます。

お隣のファミリーマートに冷水シャワーが100円で先月は使えていたのですが、今回は故障中でしたのでポリタンクを持って行って良かったです。

今回のサーフィンはいつも以上にとっても最高でした。

何が最高かって、もちろん白い砂浜に今までの伊豆白浜で一番透き通っていた海、それに差し込む朝日、更には朝7時くらいからの1時間はプライベートビーチ状態だったことです。

これに加えて、キッズボード2枚を持って、この最高な環境で小学五年生の長男と小学三年生の長女と三人で一緒にサーフィンが楽しめたことです。

下手くそながら、何度もサーフィンって最高だなぁって感じていますが、その最高が何度も更新されます。

サーフィンって面白いですね。

波の状態だけでなく、場所や時間、一緒に行く人で楽しさがいろいろ有ります。

10時くらいからサーフィンエリアも混雑して来ましたが、全然上達しない、下手くそおじさんロングボーダーでも楽しめる、ガツガツしていない雰囲気の人が多くてとても子連れで楽しめた楽しいサーフィンでした。

波が小さかったことも子連れ家族て楽しめたポイントかも知れません。

子連れで最高に楽しむなら、伊豆白浜の早朝が気持ち良いです。

-サーフィン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真冬の天気の良い日、134号線ドライブが今日も気持ちいい!!波無しノーサーフ。

今日も波無しノーサーフ。 三浦方面の公園へ遊びに行くのに通った、いつもの134号線。 真冬の天気がいい日は気持ちがいい。 何度通ってもいいなぁ。 写真は稲村ヶ崎。

伊豆白浜の駐車場は海側が便利。

きれいで広い伊豆白浜の海。 田舎なもんで、行くなら大体車になります。 ではどこの駐車場が良いか? 一番便利なのはやっぱり海側にある駐車場です。 白浜の一番伊東より、上り方面にある駐車場は朝8時からと言 …

下田と言ったら平井製菓、ハリスさんの牛乳あんパンが美味しい!!波乗り後の甘いおやつ♪サーフィンで疲れた体が和菓子屋さんのあんパンで癒されます。下田駅前の足湯とセットが快適です。

久し振りに家族だけで伊豆白浜へサーフィン。 いつも家族で伊豆下田方面に行ったら立ち寄るのが下田駅から徒歩3、4分の平井製菓さん。 下田の街に溶け込んでいる、小さなお店です。 駐車場は無さそうなので、車 …

サーフィン練習2020年18回目、やっぱり伊豆白浜癒される。。

湘南、千葉、伊豆と関東近辺の海に行ってもやっぱり伊豆いいな。 白浜良いな。 白い砂浜に透き通った海の水、広い砂浜に穏やかな人々。 波なしでものんびり海辺で過ごしたら気持ちいい。

134号線のサンセット。ノーサーフでも景色が楽しめる。

波ない1日。 湘南海沿いの134号線を今日もドライブ。 とてもキレイなサンセットの景色です。 見ているだけでも楽しい湘南の海でした。

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細