MENU
ぎぶ
お父さんとして子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通の会社員。

小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。

目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。

そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。

そんなおじさんののんびり平和な日々の記録 "Give" blog♪

<関連ブログ>
ぎぶパパ
ぎぶヘルシー

サーフィンの日焼け対策、帽子の効果は絶大!!のんびりサーファーならサーフキャップもそんなには邪魔になりません。

サーフィンをやっているとどうしても日焼けが気になる。

サーファーの中に居れば気になりませんが、そうでなければ、なんでそんなに黒いの!?って違和感を感じさせてしまいます。

都内のオフィスワーク中心であったり、冬場であると仕事上なかなか気まずい雰囲気の時もあります。

勿論、将来的なシミそばかす、ホクロが増えることも抑制したい。

そんな時に日焼け止めを塗りますが、どうしても日に焼けます。

更にどうしたら良いかと言えば、物理的に日差しを浴びる時間を減らすことが一番効果大。

長袖長ズボン、グローブにブーツと焼けたくない場所は肌を露出しない、でも身につけるものが増えるとサーフィンもやりずらい、更には顔焼け防止のために帽子を被るのはなんか格好悪い気がするし、とても動きにくい気がして帽子は避けていました。

でももうこれ以上日焼けを加速したくない、ちょっとでも日焼けを抑制しながらもしっかりサーフィンを楽しみたい。

そう思って、サーフキャップをゲット!

ネットで検索して、良さそうな感じだったタルバニアというブランドのサーフキャップを購入。

メッシュの水陸両用タイプ、しっかりとアゴ位置でベルトを止められるパーツとゆったり細い紐でアゴを止められるパーツのダブルでマリンスポーツにも耐えられる仕様になっています。

つばもしっかりとしていて折れずに顔の邪魔にならない。

細い紐は取り外し可能で、太いアゴベルトは帽子の中の頭の上に収める部分がありますので、紐なしで着用も可能です。

使ってみた感想は、のんびり小波サーフィンであればそんなに気になりません。

慣れですね。

テイクオフの際に帽子のつばで視界が狭いことが多少気になりますが、のんびりサーフなら許容範囲かと思います。

それよりも波待ちの時に浴びる直射日光から顔が守られるメリットの方が快適度としては大きいと感じました。

日焼けが気になるサーファーには帽子はとてもおすすめアイテムでした。

波待ちは深く被って、テイクオフ前にはちょっとつばを上げて視界を広くしたり、色々と自分なりの快適なサーフキャップとの付き合い方がありそうです。

流石にサーフィン専用の帽子ということだけあって、濡れてもすぐに乾きますし、波を被っても帽子の形が崩れませんし、取れても水に浮きます。

太いアゴベルトを付けていれば波に巻かれてもそう簡単には帽子は脱げません。

タグを見るとこんなにたくさんの機能がついています。

タルバニアってブランドのコンセプトもなんか良いかな。

ウェットスーツに帽子を被るって、ちょっと格好悪くて嫌だなと思っていましたが、使ってみるとカッコ悪さよりも日焼け防止の快適さの方が勝って快適です。

最近は帽子を被っている人も増えてきましたので、違和感も感じにくくなってきています。

サーフィンで日焼けを防止するために強い日焼け止めをしっかりと塗ることも大切ですが、物理的に日焼けを避ける帽子、サーフキャップは日焼け防止にとってもおすすめのアイテムでした。

海の上ではカッコ悪いし、邪魔だけれど陸の上で快適に過ごすためにとても重宝します。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通の会社員。

小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。

目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。

そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。

そんなおじさんののんびり平和な日々の記録 "Give" blog♪

<関連ブログ>
ぎぶパパ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる