MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

サーフィンに帽子が必要ではないか??日焼け注意を考え始める。

サーフィンはとても楽しい遊びであり、スポーツです。

初めてみて、多くの人がサーフィンにのめり込んで行く気持ちが分かるようになりました。

全くサーフィンをやっていなかった時と比べて、日常生活に問題が。。。

それは日焼け。

多少日焼けしている程度であれば、何となく健康的ですねって感じですが、習慣的に海へ行くようになって、日に当たる時間が増えると季節を問わず一年中浅黒い感じになってしまいます。

サーフィンをやっている人たちの中では特に問題はありませんが、一般社会に出ると場所によっては不快な印象を与えてしまう可能性も少しあります。

何でこの人はこんなに黒いの?何だか軽そう、何だか怪しい、何だか変、、、。

そんなことを少し気になるようになった今日この頃。

そして、確実にシミ、ホクロ、シワが増えています。

確実に肌の老化が加速。

見た目では分かりませんが目も日焼けしてしまっているはず。

長くサーフィンを楽しみながら、都市部の社会にも馴染んで生活していくためにはやっぱり日焼け対策が必要。

ホントそう感じます。

1年中日焼け止めは塗りたくっていますが、それでもやっぱり焼けます。

日焼け止めのサプリメント、飲む日焼け止めなんて物の多く出ていますが、やっぱり体の中に余計なものを投入することは怖いですし、費用的にも多くかかってしまいます。

それに効果の程はよく分かりません。

そんな時にはやっぱり単純に日焼け防止に帽子でしょう。

サーフィンがやりにくい、見た目が格好悪い、などなどデメリットも多いですが、社会に馴染みながら、自らの肌を少しでも健やかに保ちながら長くサーフィンを楽しむためには日焼け止めをしっかり塗った上に帽子を被った方が良いのではと本気で考え始めました。

混雑するサーフポイントに行くと最近は帽子を被っている人が結構増えたと感じます、そして女性サーファーも年々増えているような感じで帽子も以前ほど違和感を感じません。

サーフィンにハマるのも良いですが、日焼け対策はやった方が良いと思い始めています。

実際に帽子を毎回被ってサーフィンしている人と、帽子を被らないで日焼け止めだけの自分とを比較すると日焼け具合は確実に異なります。

思った以上に違いがあると言うことは、思った以上に日焼け防止の効果があります。

ネットで検索してもサーフハット、サーフキャップはたくさん売っています。

もっともっとみんながサーフィンで帽子を被るようになれば、みんなが被り易くなってお肌の健康にも影響が出にくくなって、長く健やかにサーフィンを楽しめると思います。

サーフィンをやらない人たちの社会にも馴染めるように帽子を被ることも必要かな。

今時のサーフハット、サーフキャップは多機能でとっても便利です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる