MENU

サーフィンで顔の日焼けを最小限にするには!?やっぱり海でも帽子。

サーフィンが大好き、でも日焼けは避けたい。

そんな人も多いと思います。

年々日差しが強くなって火傷のように日焼けしてしまったり、すぐにシミそばかす、ホクロが増えてきてしまいます。

それに何よりも行き過ぎた日焼けはなかなか抵抗があります。

特に顔の日焼け。

サーフィンをやっている人たちの中では違和感がないと思いますが、サーフィンをやっていない人たちの中ではかなり違和感を感じられてしまうと思います。

この人なんでこんなに黒いの!?って。

せめて顔の日焼けだけ最小限に抑えたい、そう思って顔が真っ白になってしまうものも含めて、いろんな強い日焼け止めを使ってきましたが、結局のところ帽子が一番効果ありという結論でした。

物理的に日差しを防ぐ以上の効果はありませんでした。

特にキャップタイプよりもハットタイプの方がおすすめです。

キャップタイプですと顔の前は防げるのですが、耳周り、首の後ろなどはどうしても日差しを防ぎきれません。

なので全方向を防げるハットタイプが特に効果ありという結果。

それもちゃんとサーフィン用、サーフブランドのサーフハットがやっぱり使いやすいです。

全面のつば部分がしっかり固くなっていて、水がかかっても折り曲がって視界を遮ることもありません、そして水に浮くので脱げてしまっても見つかりやすいです。

サーフィンで日焼けを最小限にするには強い日焼け止めも勿論必要ですが、物理的に日差しを遮る帽子が必須アイテムです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる