スポンサーリンク

サラリーマン大家、不動産投資は怖い!?初心者、未経験から初めて約5年の体験談。

スポンサーリンク
不動産投資
スポンサーリンク

会社員、サラリーマンとして生計を立てていて、会社員の給与だけでは将来が不安になる方も多いと思います。

会社員だけでは経済的に将来が不安な世の中に変わっていく情報が多いので、会社員の給与以外に収入源を持ちたいと考えている方も多いことでしょう。

自分も会社員として給与以外の収入源として、副業をしたり、不動産投資、株式投資などに取り組みたいと考えてきました。

色々とチャレンジしていますが、今回は不動産投資をやってみた体験談をお伝えさせて頂きます。

サラリーマン、不動産投資、こんなキーワードでネット検索するだけでたくさんの情報が出てきますが、大成功していたり、大失敗している話がたくさん出てきます。

でも、今回は一般的な普通のサラリーマンが不動産に関する知識ゼロ、経験ゼロから初めてどうだったかの話です。

結論から言うと、やっぱりサラリーマンこそ不動産投資はやっておいた方が良いと思います。

不動産投資経験は約5年、中古の戸建を2棟、中古のマンション区分所有を1室、関東のベッドタウンでファミリー向けの物件を所有しています。

ネットの情報に惑わされず、手堅く進めれば想像していたよりも怖くないと言うことが5年間やってみた感想です。

自己資金に無理が無いこと、物件価格に無理が無いこと、場所がへんぴ過ぎないこと、そんなことさえ守れば、それなりにマイナスにはならずコツコツと毎月収益が上がっています。

空室リスク、修繕費用、その他色々ありますが、小さく初めてみていろんな失敗を経験していくと、初心者・未経験でも何となくポイントが分かってきます。

不動産投資=怖い(よく分からないから)と会社員であるからこそローンが組めるメリットを逃がさないように早めに小さめの1棟目を初めてみたら良いと思います。

他の投資に比べて、景気動向に左右されることが無く、毎月家賃が入ってきます。

そして、外壁・屋根塗装、給湯器・ガスコンロの老朽化、不動産取得税、固定資産税など、経験してみると大体の不動産投資でかかる費用も分かってきます。

分かってくると、リスクを自分でコントロール出来るようになってきます。

会社員ではなかなか扱わないような大きい金額だから、何となく怖いと思っていましたが、ちゃんと理解していけばむしろ安定感はある投資なのだと分かりました。

より具体的に言ってしまえば、良い物件情報を仕入れる人脈などいろんなポイントはありますが、不動産投資=怖いと言う感覚は持たない方が将来の経済的基盤作りに繋がります。

そんな自分も周囲に不動産投資を相談する相手が全くいない状態でサラリーマン大家さんを始めました。

いろんな不動産屋へ問い合わせをして、いろんな営業担当の方と会って、たくさんの物件を見て回りました。

1棟目を購入するまでに、購入手続き直前まで行って、やっぱり不安だと思ってやめたこともありました。

結局、1棟目を買ったのは不動産会社を探し、物件探しを初めて3年以上かかりました。

初めての不動産投資はやっぱり怖かったです。

でも1棟目を購入できたきっかけは、購入した不動産屋さんの営業さん自身が不動産投資を同じようにサラリーマン大家さんとしてスタートしていたこと。

そして、その方と物件探しを初めて2年間関わって、他の営業さんよりも知識・経験が豊富で人間性も信頼出来ると思えたからです。

ここまで良い物件をコンスタントに紹介してくれて、ここまで親身につまらない相談まで乗ってくれたのだから、その営業さんから物件を買ってあげたい。

そう思えるまでに信頼出来たことがサラリーマン大家をスタート出来たきっかけでした。

怖かった不動産投資を始めて5年、今の状況で言うと満室で毎月の収益がコツコツと貯まっています。

でもその収益は結局、税金の支払いや修繕の積み立てとして一切手をつけていません。

より正確に言うと会社の給与に全く手を付けず、不動産賃貸収入だけで不動産投資の資金が全て回っています。

そうしていることでコツコツとローンの元本は減っていますし、確定申告で節税も出来ています。

1棟目、2棟目を購入する自己資金は株式投資や給与の積み立てで用意しましたが、3棟目の物件を購入した自己資金の半額強は1棟目、2棟目の家賃収入で積み上げた資金で買えました。

規模が大きくなればなるほどに会社員の給与を使わずに規模が拡大出来る点も不動産投資は意外に安定収入なのだと感じました。

会社員が不動産投資をやってみて、大成功した話もありますし、大失敗した話もあります。

でも実際にやってみた体験談としては、そんな極端な投資をしなければそんなに極端な結果にもならないと思います。

もちろん投資なのでリスクはありますし、自己責任となりますが、会社員の給与だけで将来に備えるよりは不動産投資を早く始めた方がリスクは絶対に小さいと思いました。

やってみればそんなに難しくなく、怖くもありません。

小さく始めれば失敗も小さく済みます。

致命傷だけ避ければ、知識経験が蓄積されてよりリスクを減らすことが出来ます。

急に儲かることもありませんが、サラリーマンこそ、1年でも早く不動産投資にチャレンジしてみたら良かったと感じています。

後悔したことは、もっと早くからチャレンジしておけば良かったと思うくらいで他にはありません。

知識ゼロ、経験ゼロでも早く不動産投資をスタートさせて、のんびりコツコツとレベルアップしたらきっと将来の経済的安定に繋がると思います。

不動産投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました