サラリーマンが給与以外で得られること。会社員のメリットを使い切っていますか?

給与
スポンサーリンク

経済的自由度を増すために副業やら投資などをやっている会社員も多いと思います。

もちろんサラリーマンの収入1本では今の時代では将来が不安定でしょうがないです。

かと言って意外と盲点なことが副業や投資には精を出しますが、会社員としてのメリットを全て使い切っていないこと。

自分で仕事をすることと違って会社員のメリットとして1番大きな部分は毎月決まって入ってくる収入の安定感でしょう。

ちゃんとルールを守って、それなりの成果を出していれば、多少の増減はあってもちゃんと給与は入ってくる状態がほとんど。

ちゃんとルールを守ることは別に会社員時では無くても当たり前、そしてそれなりの成果を出すと言うことも会社に言われてでは無くて副業、投資の時間を確保したいと本気になれば結構出来てしまうこと。

結果を出す点について会社員の場合、最高を求めると時間ばかりかかってしまって総合的な収入に対して給与を得るための時間が大きくなり過ぎてしまうので、「最適」を求めることが良いと思います。

それなりに人数の多い会社の場合、どんなに評価を受けている優秀な社員であろうが1人抜けたくらいでは事業は止まりません。

どんなに個人が会社に尽くし切ったところで、小さな歯車の1つ、交換可能な歯車の1つには違いありません。

むしろそうでないとその会社は経営としてリスクが大き過ぎて危ないです。

だから、会社員として給与をもらう仕事に関しては最高を求め続けないで、最適を求めた方が総合的な個人の経済的安定感は出ると思います。

給与を貰うべく仕事は最適な状態、時間も最小限で最大限の成果を出す工夫を行うこと。

それでいて財形貯蓄、持株会、住宅補助、通勤手当など会社員として得られるメリットは最大限に得る。

そして大きなデメリットでもある点が働く場所、人、内容を完全には選べないことがありますが、基本的な自分の希望は必ず意思表示して極力働きたい場所に近づいで、極力働きたい人が居る環境で、極力やりたい職種をやることはしっかりとハッキリとしましょう。

その上でも異動はある程度積極的に受け入れても良いと思います。

慣れた状況にいると成果も出し易くはなりますが、それ以上にデメリットが自分にとって新しい発見や成長が少なくなることがあります。

会社員のデメリットの裏返しとして、収入減のリスクをほぼ無くした状況で新しいことにチャレンジ出来ることがメリットとしてあります。

変化は成長のチャンスでもありますのでまだ給与収入を当てにしなければいけない状況であれば、積極的に環境、状況を変えて安定した給与を元にどんどん経験値を増やしたら良いと思います。

どこに異動しても交通費や、転居が伴う場合は住居費なども会社が支給してくれます。

そして事務所利用も、車両使用も会社経費で使えることがほとんどだと思います。

職種、勤務地、ポジション、どんどん変化を受け入れて給与以外の経験値アップメリットを最大限に得ましょう!

その環境変化があっても副業、投資など給与以外の収入を増やすための活動は止めない、そうすると会社員としての状況変化があるごとに生活サイクルが多少変わってきますので、その都度最適な生活スタイルを考えること自体も将来の自由に向けて良い経験だと思います。

どんな状況変化があっても会社員の仕事だけになってしまって、結局は給与収入だけに依存してしまう状況に逆戻りだけは注意しましょう。

あくまでも経済的自由を得るための会社員、給与収入です。

会社員としての仕事の手を抜く訳では無くて最適な状況で労使ともにメリットがある良好な状況を目指す考え方です。

たくさん異動、昇格してメリットをたくさん得ましょう。

給与
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました