自由

ゴールが決まると行動が変わる、意思が強くなる。大きなゴール、小さなゴールの積み重ねで人生は進んで行く。一番大きなゴール(死ぬ時にどうなっていたいか?)をちゃんと考えることで何をするべきかが明確になり、行動力が上がる。そして人生をより自分らしく豊かに生きられる!!

投稿日:2018年10月25日 更新日:

皆さんはゴールを決めて(考えて)日々を過ごしていますか?

人生をより自分らしく、ポジティブに生きるために私はよく考えていましたが、自分なりの答えが見つからずアラフォーまで生きて来ました。

そんな私も育ての親でもある親愛なる祖母の逝去体験から、自分がなりたい最終ゴールのイメージが見えて来ました。

そんな祖母の通夜、告別式とお別れの儀式で気が付いたことは悲しみを上回る明るい未来を周囲に感じさせてこの世を去ることが出来ると言うこと。

簡単にまとめるとこのような感じです。

①健康で長生きする
②子孫を繁栄させる
③他者へ愛情を注ぐ

『健康で長生きする』ことで周囲に迷惑をかけず、悲しみよりも大往生と納得してもらる。
そして、年長者から順序よく去ることで年少者も成長しており、亡くなることを受け入れ易い。

『子孫を繁栄させる』ことで悲しみよりも、賑やかさが上回る。
末広がりに繁栄していることで悲しみよりも未来への期待感の雰囲気が蔓延する。

『他者へ愛情を注ぐ』生涯をかけて他者へ愛情を植え付け、育て、繁栄させることで大きな平和を感じられる。
ただ単に子孫を繁栄させるのでは無く、平和を植え付け、次の世代、またその次の世代がそれを更に伝えてくれる。

人から愛されるよりも、『人を愛し続ける生き方』。

人を愛するからこそ健康で長生きし、子孫を繁栄させ、他者へ愛情を注ぎ続ける。

そんなことが出来ると結局、周囲から愛されているにも関わらず、死ぬ時に悲しまれ過ぎない、そして死んだ時に周囲に与えた影響をしっかり残せる。

こんな綺麗な人生をゴールを自分も目指したい。

葬式に何人が来てくれるか?
なんて全く意味がない。

どれだけ悲しんでもらえるか?
なんて他者への愛が足りないだけ。

自分の人生、自分の為に、他者へ愛情を注ぎ続ける。
他者への愛情を注ぎ続ける為に、自分自身への愛情もしっかり大切にする。

そして人に迷惑をかけないように健康であり、悲しまれないように、そしてしっかり他者へ愛情を注ぐと言う行動のタネを周囲に植え付ける為に長生きをする。

平和を作り出せる力こそ最大の財産であり、継承するべき財産であると思いました。

祖母と同じような去り方が理想的な人生のゴールです。

自分らしさも加えてこの一番最終の大きなゴールに向かって、人生を生きたいです。

自分自身が最後にどうなっていたいか?を考えて、より強くイメージ出来るようになって日々を生きることは、今を大切に生きる強い原動力となるので考えてみることをおすすめします。

-自由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

秘技『誘い笑顔』で平和な雰囲気を作ろう!ニタニタ、ニヤニヤ、相手が楽しくなるように微笑む。ポイントは礼儀、誠実、謙虚、+積極性。

楽しいから笑顔になるのでは無くて、笑顔を作るから楽しいという考え方もあると思います。 要は受け身で笑顔になるのでは無く、自ら相手に仕掛けて相手のお陰で笑顔にさせて貰うのです。 そのための技が『誘い笑顔 …

ワードプレスのブログ携帯表示がおかしくなった原因、AMPプラグインを削除しましたが、完全解決は時間がかかります。よく調べずに導入してしまった影響はまだ残ります。アフィリエイト収入に影響を及ぼす『AMP』、PC初心者はまだ導入しない方がいいです。

ブログの携帯表示がおかしくなったと気付いて、ネットで調べた結果、グーグルから勧められた『AMP』と言うプラグインが原因だと分かりました。 流石にグーグルから勧められるので大丈夫だろうと、安易に導入した …

【売り】JALの株主優待、新宿のアクセスチケットで1枚4,700円!!

半年に1度のお楽しみ、JALの株主優待が届きました。 早速金券ショップへ。 新宿西口辺りを適当に歩いて、ふらっと立ち寄ったお店では1枚4,500円。 一旦店を出て、隣にあるアクセスチケットに行ったら4 …

嫌なものは嫌、それで良いでしょ。

頑張ろう、好きになろう、そう思ってもどうしても嫌なことってやっぱりあると思う。 逆もある。 嫌だなぁ、嫌いだなぁ、と思っていたけれど段々と好きになっていくこと。 人も事も同じです。 嫌なことが意外と好 …

no image

株価低迷中!どうする家計!!株を切り売りする生活から脱却しなければ。。。

どうしても株を切り売りする生活から抜けられません。 家計がバブル景気だった時の生活は抜けてきて、物をあまり買わない、持たない生活になって来ましたが、その分買うときは長く使えて本当に気に入った良いものを …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細