Going my way

ギフトを贈る(感謝の気持ちを発信する)

2019/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

相手に何かを与えることで、自分から平和を発信することって出来ると思います。

それは『笑顔』や『プラス思考』のようにいつでも自分から発信出来ることもありますし、
『感謝』という相手の行動に対して行うこともあります。

相手に良くしてもらったら『ありがとう』って言いますよね。
細かいことを言えばそれも言葉のギフトだと思います。

『笑顔』&『プラス思考』でいると『感謝』する場面が増えてきます。
感謝出来るかどうかは考え方ひとつなので、プラス思考でいると感謝出来る場面が増えて
結局自分自身がまた笑顔になり易い。

幸せなサイクルです。

最近仕事でお世話になった恩師が60歳を迎えました。
私の人生を変えてくれた恩師です。

その恩師に10万円のペアトラベルギフトを贈りました。
奥様にもお世話になったのでご夫婦への感謝の気持ちを贈りたかったのです。

経済的に余裕がある訳では無いので10万円は高いかな、と少し迷いもありましたが、
そもそもお金の価値って感謝の気持ちです。

レストランで美味しい食事をさせてもらって感謝の気持ちで千円払う。
おしゃれなTシャツを着させてもらって一万円払う。

などとそれぞれの価値観で相手に何かをしてもらった対価としてお金が存在する。
お金ってそんな道具です。

なので恩師ご夫婦に素敵な時間、思い出を作ってもらえるトラベルギフトを贈りたい!
って気持ちを軸にたびたび贈り物で使っている『一休』のトラベルギフトで最上位ランクを
贈りました。

感謝の気持ちが最上級なので、選べる中で最上級を贈りたいと純粋に思っただけです。

60歳という節目以外でなかなかギフトを贈る機会もないので、自分が後悔しないためにも
思い切って贈りました。

恩師ご夫婦が喜んでくれると良いのですが、先ずは自分の気持ちとしてしっかり感謝の気持ちを
贈れた事に満足です。

10万円って金額も短い時間で考えれば高額かも知れませんが、一生と長い時間を考えた時には
大した額ではありません。

逆に高額であれば良いという訳でもありません。
相手によくしてもらった事に対して自分がしっかり『感謝の気持ち』を贈ることが大切です。

なので言葉だけが最適の場面もありますし、安価でも手間をかけることが最適の場面もあります。
今回はたまたま10万円のギフトが最適だと思っただけです。

そうすることで平和が少しでも循環して行くのではないかなとも思っています。
見返りを求めず他人のために何かをする、よくしてもらった分しっかり感謝の気持ちを返す。
ただそれだけのシンプルなこと。

『笑顔』、『プラス思考』、そして『感謝』そんな些細なことから平和が出来ると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2018 All Rights Reserved.