読書

【読書】インプットよりも、アウトプット!最近読書はお休み中です。

投稿日:2019年3月20日 更新日:

 

 

平日は毎日本を読み漁っていましたが、一旦読書をお休みしています。

という理由は、インプット過多になっていると感じたからです。

本を読み漁って、沢山の気付きを得ることは大切です。

でも、インプットはアウトプットをするためのものでしか有りません。

なのにアウトプットしきれていない自分に気が付きました。

だからひたすら本を読んでいた時間を、ブログを更新したり、何かをアウトプットすることにそっくりそのまま移行しました。

そうしたら、これまたハマっちゃいました。

インプットばかりしていても生活に起こる変化は少ないですが、アウトプットばかりすると、生活に変化が起こってきます。

変化が停滞、失速してきたら、またインプットをしていけば良いと思っています。

両方大切なので、バランスが大切。

ポイントはアウトプットの比率を下げ過ぎないで維持をすること。

アウトプットが拡大していたり、維持出来ていて、更にインプット出来るなら、それに越したことはありません。

だから、時間の使い方、配分を今一度考え直してみると良かったです。

アウトプット出来る時間を先に確保して、その残った時間で、どうインプットを組み込むか。

こんなところがとでも大切です。

毎日の自分を振り返ってみてどうでしょう?

毎日たくさんのアウトプットをしていますか?

自分はほとんどアウトプット出来ていませんでした、インプットばかりたくさんやっていて、それで自分が成長していくと勘違いしていました。

今日よりも素晴らしい明日に向けて、毎日アウトプットをしましょう。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『これからの時代のお金に強い人、弱い人』サチン・チョードリーを読んで

『これからの時代のお金に強い人、弱い人』を読みました。 マネー系の自己啓発本をほとんど読んでいない方には参考になる本だと思います。同系列の本に書かれているようなことが一通り分かり易く書いてあります。 …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『1分で話せ』伊藤羊一を読んで。コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なこと。ロジカルだけでは伝わらない、人は動かない!グロービスのピラミッドスクラクチャー+実践現場力で伝える。

『1分で話せ』伊藤羊一を読みました。 人に伝える、人に伝えて動いてもらう。 コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なことが書かれています。 著者はヤフーアカデミア学長、グロービス教授などの肩 …

致知8月号が届きました。毎月月初1週間くらいで届きます。年間購読を始めて3、4ヶ月目ですが、正直に言うと始めて読んだほどの感動は少し薄れつつあります。。。

致知8月号が届きました。 まだ読んでいませんが、結構な内容のボリュームで最近読むことがちょっと重たく感じて来ました。 毎月とても為になる内容はたくさんあります。 初めは自分の全く知らない業界の偉人から …

【読書】『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』望月護を読んで。

『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』を読みました。 『もしドラ』→『マネジメント』→この本。という流れでドラッカーへ興味が出て読み進めました。 本書の目的通り、短時間 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細