断捨離

イライラを捨てる。

投稿日:

イライラして良いことなんて何も無い。

仕事ても家庭でも遊びでも何でもそう。

今まで生きてきた経験を振り返ってみてどうだろう?

イライラして良かったことなんてあるだろうか??

良かったことなんて何も無い。

むしろ、イライラが良くないことを更に引き込んで、仕舞いには自己嫌悪に陥ってモヤモヤするだけ。

だったら、いっそのことイライラを捨てよう。

なぜならイライラは結局、無駄でしか無いから。

せっかくもらった命、時間を最大限に楽しむには必要のない感情。

そんなこと言ったって、どうしたらイライラしないでいられるか?

そんなに簡単じゃないよって。

それはその通り。

では、人はなぜイライラするのだろう?

それは、執着心があるからではないだろうか。

『自分』への執着心が強いからではないだろうか。

直接的に自分中心に考えることがイライラの原因ではないだろうか。

自分の人生を目一杯楽しむためには、自分中心に考えることが逆効果になるってこと。

自分への執着心、そして自己中心的な考え方。

これがイライラのおおもと。

この執着心、自己中心的な考え方の中でも『直接的』であるかどうかが、もう一つの大きな違い。

この違いをしっかり理解しているのならば、自分へ執着しても、自己中心的に考えてもイライラという無駄な感情はかなり出てこなくなる。

この違いは『自分だけ』の考え方かどうか。

自分だけが良くなる考え方、目線なのか、それとも『先に他者』が良くなって、その結果が自分にも良くなるという発想があるかどうか。

これによってイライラが捨てられるかどうかが変わってくる。

本当に自分を大切にする考え方が分かっている人ほど他者を先に大切にする。

イライラしてしまったとき、直接的に自分だけが得をしようとする考え方にはなっていないだろうか?

時々自分の心を点検、チェックする必要がある。

断捨離をして幸福感を感じよう、たくさんの断捨離がある中の一つ、『イライラ』。

イライラしないために直接的な自分中心をやめよう。

先ずは他者。

他者を満たしてあげることを先に考えよう、それ自体が自分のためになるから。

無駄な感情イライラを断捨離出来るように、日々の心掛けを練習しよう。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

他人の目から離れる。

余計な物事を断捨離してより快適で充実した自分らしい生き方へ。 日々出てくる悩み事で多くの原因となることが『他人の目』。 世間一般の目や親からの目、友達からの目、仕事関係者の目、などなど。 他人の目を気 …

お菓子を断つ。

何とも断捨離は楽しい。 断捨離をすることで生活の充実度が増して、快適になっていく、心と体が軽くなる。 そんな中でこれも断捨離すると調子が良いなと思うのが、お菓子。 お菓子は楽しみでもありますが、結局は …

収納を捨てる。

断捨離をする上で収納は特に注意。 人は箱があると何かをしまいたくなってしまうようです。 え!?そんなこと言ったって、十分整理出来ていて、これ以上収納を減らすなんて無理無理!! そんな声が聞こえて来そう …

朝食を断つ。

ほぼ趣味の断捨離。 30代後半で朝食を断ちました。 食べれば年々太る、それに食べれば食べただけ疲れる。 そんなことに気が付いて、そもそも1日3食食べるという疑ったことのない習慣に疑問を持ちました。 断 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細