MENU

よく眠るためにできることは?しっかりと疲れること。

眠れない、夜中に起きて眠れない。

良質で十分な睡眠は1日を快適で充実させるための大切なこと。

せっかく早く就寝したのに眠れない、または夜中に起きてから眠れない。

結局は睡眠不足で翌日1日がしんどい。

これでは健康に良くありません。

そんなよく眠れないことを解消出来た習慣としては体もしっかりと疲れること。

何かとストレスの多い現代、眠れない人も多いと思いますが結構頭だったり精神的な疲れの場合が多いのでは無いでしょうか?

もちろんストレスを溜めない考え方や生活習慣であったり、スマホやパソコンの画面を夕方以降は見ないように気をつけるとか睡眠の質を良くするために気をつけることは色々あります。

でも、そんなことを気を付けていてもよく眠れない時もありませんか?

そんな時、ひょっとしたら頭ばかりが偏って疲れていて、体がちっとも疲れていないケースが多々あると思います。

自分の場合は眠れない日を振り返ると体の疲れが無い1日を送った日が多かったです。

だから、気持ちが疲れている日でもしっかりと体も動かして体も疲れさせることが十分で質の高い睡眠をとるポイントだと思います。

気持ちが疲れた日は体を動かす気力も無いと思いますが、そこを踏ん張って軽くでも良いので筋トレやウォーキング、ストレッチやヨガなど簡単に出来る運動で構わないので頑張ってやってみましょう。

その方がよく眠れるので体も気持ちもしっかりと回復出来ます。

ちゃんと眠るためには体もしっかり疲れさせましょう。

気持ちの疲れに偏ってはダメなようです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

目次
閉じる