教育

やりたいことをやる、やらせる。

投稿日:2019年7月18日 更新日:

出来ないことは、練習すればある程度は出来るようになります。

嫌いなことも、好きな部分を見つけられたら少しずつ出来るようになります。

やりたくないことも、やりたいと思う部分があれば出来るようになります。

でもどうしても無理をし過ぎると自己肯定感が下がります。

出来なくてもやりたいことは上達します。

嫌いでも好きな部分が見つかってやってみたいと思えるようになれば出来るようになります。

ただ、どうしてもやりたくないこと、どうしてもやりたい順位が上がらないこと、どうしても他にやりたいことがある場合はやりたいことをやった方がいい。

人生なんて限られた時間で何をするかです。

全部に手を出したり、他人に自分の時間を使われるばかりでは勿体ない。

それに結果が伴わない。

だから誰にもメリットが出ない。

ただ、やりたくないでも、それは恐怖心や不安感で腰が引けているだけの場合もある。

それはちょっと無理してでも一度や二度はやってみた方が良い。

何度もやってみて本当にやりたくないことは、本当にやりたくない。

それ以上の伸びが見込み難い。

それであればやりたいことをやる、やりたいことをやらせてスッキリと自己肯定感を高め続ける方が建設的で効率が良い。

そもそも人は自由が好き。

人からやらされるよりも、自分でやりたいことをやった方が余程成果が見込める。

思うような成果が上がらなくても、やりたいことをやり切ったことで次が見えてくる。

やりたいことをやった先にはメリットしかない。

だからやりたいことをやる。

その為に自分が何をしたいかをはっきりとさせる、日々自問自答しておくべき。

今自分は何がしたいのか、一生で自分は何がしたいのか、目の前の短期から死ぬまでの長期、色んな時間軸で自分は何をしたいのか明確になればなるほどにそれに近づく。

特に最終的にこの人生で何がしたいのか、ゴールを決めておくことが大切。

そうすることで短期のやりたいことがよりクリアになる。

迷った時に答えが出易くなる。

だから自分自身もやりたいことをやって、他人にもやりたいことをやってもらう。

そのやりたいという動機、心のエンジンを高めて、それぞれの方向性を組み合わせることで全体としても大きな成果に繋がる。

自分は何がやりたい?

相手は何がやりたい??

いつもこんな質問をしよう。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

失敗をさせてあげる。

人を育てるとき、失敗は必要な過程。 ここでいう失敗とは、本質的には成功の過程のことで、その成功のために失敗が必要だということ。 ではどうやって失敗をさせてあげるのか? それは答えを教えないこと。 教え …

no image

常識の違い。常識って何?

常識って何でしょう? 今身を置いている環境で常識は違うなぁと思います。 それって本当に常識なんでしょうか? その環境は今の自分の価値観に収まる範囲。 だから常識って、勝手に自分で決めたこと。 だからそ …

心穏やかに過ごす。やっぱり平和が一番!

人生生きていればいろんな経験をする。 そんな中で大切にして欲しいこと。 心穏やかに過ごすこと。 どんなに偉くなっても、どんなにお金持ちになっても、どんなに人気者になっても、自分自身の心が穏やかに過ごせ …

ゲームセンターでお金の勉強、体験学習。

ちょっとした隙間時間が出来たので、子供達4人を連れてゲームセンターのメダルコーナーへ。 なんで行ったかわかるかな? 遊びじゃないよ、勉強だよ。 500円でメダル80枚を購入。 4人で使ってこれを増やし …

良かれと思った情報量。

情報量=多いことが良い これはダメなパターン。 良かれと思って、あれやらこれやら情報を出しがちですが、出すことで満足しているケースがどれだけ多いことか。 一般の人間が処理出来る情報量には限界があります …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細