MENU

もはやサラリーマンの給与収入にも経済的安定は望めない!!

新型コロナウイルスの予期しない蔓延の影響で予想もしていないような大企業の業績が急激に悪化。

リストラ、ボーナスカット、減給、子供の頃から頑張って勉強をしてやっと掴んだ大企業の名誉と経済的安定。

誰もがそんなに疑うことも有りませんでした。

それが全てひっくり返った。

世の中のゲームのルールがガラッと変わったかのよう。

大企業、公務員、もはやただ所属すれば経済的な安定を定年まで得られる時代は確実に崩れた。

そうなるだろうなぁって予測はしていても実際になってみないと気が付かないのが都合の良い人間というもの。

ニュースで見るようなダメージを直撃した企業だけでなく、実際に自分にも降りかかってきた。

ボーナス大幅減。

貰えるだけまし、そうは思っても金額が大きい。

そしてそもそも人事制度改定でもされてしまえば給与制度自体が根底から変わってしまう。

またまだ貰えているだけありがたい。

そんな悠長なことを言っていたら茹でガエルになってしまう。

確実に出世しても実質は大して年収は上がらない、または上がったように見せても役職定年で早めにガクッと年収を下げる仕組みなんていう制度も今時はごく一般的。

50代、60代まで考えたときに、大企業と言えども本当に経済的安定があるのか?

これはよく考えて、給与制度を確認して自分のシュミレーションをした方が良いと思う。

人生は一度きり、時間は戻らない、その一度きりを預けられるほどのリターンがあるか今一度投資対効果をサラリーマンでも考えた方が良い。

副業など、他の収入を増やしつつサラリーマンをやるのであればリスクとリターンのバランスは取れるが、完全な専業サラリーマンは本当に危ない。

他人にハンドルを握られていつその運転手が事故するか、または逃げてしまうかも分からない車の後ろに乗っているようなものだ。

もはや経済的自由を専業サラリーマンに求めることはかなり難しくなってきている。

それだけサラリーマンの給与収入には経済的自由を望めなくなっている。

保険程度に考えて、他の稼ぐ力を育てることしか現実的でリスクを抑えて経済的自由を目指すことは難しい。

サラリーマンの給与収入についてのリスクを良く認識しよう。

この流れは加速するばかり。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる