MENU

とにかく簡単にサーフィンを楽しみたい時に選ぶと良いサーフボードは??万年ビギナーおじさんの体験談。

サーフィンはやっぱり楽しい!

でも始め方を間違えると本当につまらない。

一言でサーフィンと言っても短くて浮力も小さく初心者には難易度の高いショートボード、そして取り扱いも楽な長さでありながら浮力もそこそこあるファンボード、あとはとにかくデカイけど波には乗り易いロングボードとたくさんの種類があります。

とにかく格好を付けずに楽に簡単にサーフィンを楽しみたい!と思って始めるならやっぱり浮力がある大きなサーフボードがおすすめ。

他の人に当たったり、持ち運びも取り扱いも楽なソフトボードで7から8フィートくらいの長さがあるボードならとても簡単に立てて楽にサーフィンを楽しめると思います。

またソフトボードでは無くてちゃんとした硬いサーフボードをやりたいなら、重たくて大きくて取り扱いは慣れないと大変ですが9´2から9´4フィートくらいのシングルフィンクラシックロングボードも良いと思います。

ロングボードでも種類は沢山あって、フィンが3つあるタイプもありますが、これはそこそこ波のサイズがあった方が乗り易いので、ホント初心者でスネヒザくらいの小波でとりあえず波に乗って立ってみたいと思うなら大きくて浮力もたっぷり、ロッカーという板の反り少なくて重さもそこそこあった方が簡単に進みます。

ただ、板自体が重たくて持ち運びやら取り扱いに手こずって嫌になるかも知れません。

おじさんになってからサーフィンを始めて早5年、最初は長めのスポンジボードで遊び程度にやってみてサーフィンの楽しさを十分に味わうと良かったかなと思います。

それでサーフィンにドップリとハマってきたらちゃんと硬い昔からある様な普通のボードで浮力と長さがしっかりとあるボードを選ぶと良いと思います。

直ぐに傷をつけてしまうことも多いと思うので中古のサーフボードで本当に十分でした。

でもお値段が安いだけで適当なボードを買ってしまうと上手く波に乗れなくて面白く無くなってしまうので、ドナルドタカヤマだったりデューイウェバーだったりの人気で定番のブランドのテイクオフ重視モデルを選ぶと良いのかなと個人的には思います。

少しずつ上達していくと自分の好みと今後の波乗りの方向性が何となく分かってくるので、中古の定番人気ボードから始めるのがおすすめです。

自分は最初に安さ重視のよく分からないロングボードを買ってしまって上達に遠回りしてしまった様な気がします。

その次に人気のあるシングフィンのクラシックロングに乗り替えたら急に波に乗れる回数が増えて楽しさ倍増になりましたし、上達が早まったと思います。

まず本当に初めてサーフィンをやるなら長めのソフトボードで波の上に立つ爽快感を味わうと良いと思います。

あとはサイズのある波が立ちやすいポイントで練習出来るのか、それとも小波ばかりのポイントで練習をすることが多いのかによっても次に選ぶ乗り易いボードは変わってきます。

コンスタントにサイズがあるポイントで、毎日のように練習が出来る状況なら短めの板でも良いですが、行けても週末だけ、年齢も中年で体力に自信無しならばテイクオフ重視のロングボードが絶対におすすめです。

同じロングボードでもいきなりパフォーマンスボードを買ってしまうと初心者ではなかなか楽しめませんので注意です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

目次
閉じる