断捨離

たばこを断つ。

投稿日:

断捨離して良かったもの。

禁煙。

なかなかやめられないものですが、やめてみてメリットしか無い。

何でたばこなんて吸っていたのだろう?

やめてみるとそう思います。

喫煙を断捨離することで自由が増えます。

余計なお金がかからない、たばこ代に缶コーヒー代、たばこによる不調を治す薬代、病院代、その他諸々。

たばこをやめた分、食欲が出てしまって食べ過ぎる、またはガムや飴を食べ過ぎるなんてことも禁煙初期ぐらいのことです。

半年、1年もすれば何ともありません。

結局、無駄な費用が掛からず経済的な自由が増えます。

そして、一番大きなことは時間の自由が増えること。

1本5分とすれば、1日10本吸うと50分、1週間で350分、1ヶ月1,400分、1年間で16,800分。

年間700時間、1年間のうち約12日間もたばこを吸うために生きていることになります。

これがすべて自由な時間になります。

やめてみて本当にメリットしかありませんでした、特に気になっていた仕事仲間や友人とコミュニケーションの部分に関しても、実際にやめてみたらそんなに不自由はありません。

むしろ、価値観の近い人たちと一緒にいられる時間が増えて良かったと思います。

価値観の合わない人と価値観の合わないことを無理して合わせがちな日本人。

人生という有限の貴重な時間をより自分らしく、自分に合った環境で生きることの快適さを感じられるでしょう。

年々、健康志向が高まり、非喫煙者が多くなって、喫煙出来る場所も限られてきている風潮もたばこを断ちやすくなっているので、禁煙のハードルは下がっています。

本当に断捨離して良かったと思う1つはたばこ、デメリットは皆無です。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イライラを捨てる。

イライラして良いことなんて何も無い。 仕事ても家庭でも遊びでも何でもそう。 今まで生きてきた経験を振り返ってみてどうだろう? イライラして良かったことなんてあるだろうか?? 良かったことなんて何も無い …

他人の目から離れる。

余計な物事を断捨離してより快適で充実した自分らしい生き方へ。 日々出てくる悩み事で多くの原因となることが『他人の目』。 世間一般の目や親からの目、友達からの目、仕事関係者の目、などなど。 他人の目を気 …

朝食を断つ。

ほぼ趣味の断捨離。 30代後半で朝食を断ちました。 食べれば年々太る、それに食べれば食べただけ疲れる。 そんなことに気が付いて、そもそも1日3食食べるという疑ったことのない習慣に疑問を持ちました。 断 …

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

収納を捨てる。

断捨離をする上で収納は特に注意。 人は箱があると何かをしまいたくなってしまうようです。 え!?そんなこと言ったって、十分整理出来ていて、これ以上収納を減らすなんて無理無理!! そんな声が聞こえて来そう …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細