スポンサーリンク

そうだ、ファミリーマントラベラーになろう!サラリーマンの自分と専業主婦の妻と小学生以下の子供達4人の6人家族で旅に出る。リーマントラベラー東松さんに影響を受けました。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク

リーマントラベラーの東松さんに影響を受けました。

サラリーマンをやりながら、こんなにも世界を旅が出来るんだ。

そんな自分の中では考えられないことを、やりきっている人がいるんだと気が付いた時、自分の抑えていた好奇心の壁が崩れていきました。

要は時間とお金の問題が壁。

会社員だがらなかなか長期の休みが取れない、家族が多いからお金がたくさんかかってそんなに余裕はない、そんな壁です。

でもよくよく考えてみると、勝手に自分で壁を作っているだけ、見えない、実際は無い未来への不安で実行出来ていませんでした。

だから、東松さんのリーマントラベラーを真似して、自分はファミリーマントラベラーになろう!って決めました。

やっぱり、自分だけで行くのではなくて、家族も一緒に旅をして、たくさんのことを学んで貰いたいですし、たくさんのドキドキを経験して成長して欲しい。

それは自分も奥様も四人の子供達も。

お金も時間もこれは娯楽費ではありません、教育費です。

会社はちゃんと有給を駆使して正当なお休みだけで海外に行く、それと子供達の学校も休まずちゃんと通って、学校の無い日、無い時間だけで世界を旅します。

先ずはマレーシアのクアラルンプールから予約をしました。

暦通りのお休みと小学校の秋休みがありましたので、その期間に有給を使って夜中出発、夜中帰りの弾丸予定で行く予定です。

ファミリーマントラベラーになるには時間の確保と同時に、予算の確保が非常に重たいミッションになってきます。

我が家の場合は×6人分。

格安チケットでもそこそこ費用がかかります。

でもそう考えたら、余計なものは買わなくなりましたし、余計なお金を使わなくなりました。

無理して制限しているというよりは、余計なものへの興味が自然と減った感じです。

これからのチャレンジですが、家族6人でファミリーマントラベラーになることに挑戦を始めます。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました