Going my way

この海と空の先にいろんな国がある。水平線の見える海と空の景色、今は夢見る景色。でも自分の未来に繋がっている。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

この海の先にある国はどうなっているのだろう?

この空の先にある国はどうなっているのだろう?

んー気になる。気になる。

もっといろんな世界を見てみたい。

気になるのに出来ないのは何故だろう?

何が妨げているのか、どうすれば実現出来るのか、それは二つの自由が必要だと考えています。

一つ目は経済的自由、いろんな場所、いろんな国に行くには勿論お金がかかります。

遠くなればなるほど、費用も多くかかる、長く滞在すればするほど、多くかかる。

独り身ならまだしも、まだ幼い子供もいて、今ある経済力を消費的に使い切る訳にはいかない現状があります。

単発的な旅行として行くのであれば、貯金をして貯まったら海外へ行くってことは出来ると思います。

今の経済力でも、他への費用を節約すれば行けない事はありませんが、その分何かを犠牲にするしかない状況です。

子供の教育費に使いたい、健康的で美味しく楽しい食事をしたい、気持ちの上がる快適でお洒落な洋服を着たい、遊園地に行きたい、などなど。

だからもっと圧倒的な経済力が欲しい、自分、欲張りなんです。

と言ってもそんなに大富豪でないと行動出来ない訳ではありません。

具体的な数値でいうと、年間の収入で最低1,000万円、目指すは平均1,500万円。

これは経済的な自由を獲得する目安。

それと二つ目は時間的自由。

好きな時に好きなだけ行きたい。

いろんな場所、いろんな国に行く事で、何かを犠牲にするのでは無く、基本的な生活範囲として世界を広げたい。

だから、世間一般の長期連休時期しか行けないだとか、いろんな国に行くために多くの時間を仕事に費やさなければいけないだとか、時間を犠牲にしたくないです。

寝る暇も無く働いて、健康を害してまで世界を広げたって、病院生活になってしまっては意味が無い。

だから自分自身の体を動かさなくても、経済力を維持拡大出来る仕組みが、自分の夢みる景色に行くためには必須なんだと考えています。

自分がどこにいても、年間で1,500万円は収入がある状態が必要です。

とてもわがままな考え方ですが、自分が夢みる景色に行くために必要と明確に分かっているのであれば、それを目指さない理由はありません。

黙って、なったらいいなぁと思っているだけ、またはそう出来ている人を羨んで、どっかの居酒屋で諦めている人達とお酒を飲んでいる暇なんてありません。

時間的自由と経済的自由、この二つを手に入れるために今日は何をしたのか?

実際出来るかどうかなんて事は気にする必要はないと思います。

そうなるために、小さな一歩でもいいから今日何をしたか、自分で自分に言える毎日を繰り返す必要があります。

周囲に理解されなくても、自分は本気で、今は夢みる景色になっている場所、そこに将来自分がいると考えています。

そう考えるようになってくると、なんか自分の意識・行動がしっかりしてきた気がします。

余計なことに気を使わなくなりました。

目標・目的をしっかり持って、1日1日を確実に前進する、チャレンジを実行する。

考えるよりも、行動です。

その積み重ねが現実になります、絶対。

今までの経験でそれを感じています、大した事は成し遂げていませんが、願った事に対して行動を起こした分だけ現実になっています。

自分の好きな海と空の景色、この先に自分の未来は繋がっています。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.