読書

【読書】『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読んで。書くことに興味がある人必読!!繰り返し読み込むライティングの教科書!

投稿日:

『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読みました。

読んだキッカケは文章が少しでも上手に書けるようになりたいと思ってネットを検索して見つけました。

著者は書くことを職業としている現役のフリーランスライター。

マニュアル的な書くことの本というよりは、実際に書くことを仕事として10年以上もやってきた著者の体験談です。

だからとても現実的に役に立つ内容になっています。

そもそも冒頭で、自分の「文章を上手く書けるようになる」では無くて、この本の第一目標は「話せるのに書けない!」を解消することと教えてくれます。

「話し言葉」と「書き言葉」は違うんですよと言うことを学べます。

「書く技術」は自分の一生の武器になる、ただ書けるようになるためだけでは無くて、書けるために結果として考え方も学べる良書です。

一度サッと読んで自己啓発的な使い方よりも、読んで、書いて、また読んで、また書いてと筋トレのように繰り返し読んで実行してみるのが良い本だと思いました。

デジタル、AIが進化するからこそ、人しか出来ない技術を磨くことはこらからの時代に益々必要なスキル、武器になるはずです。

マニュアル的な文章の書き方を学ぶ本とは違った、実践的な教科書なので、仕事でのメール、社内文章、そもそも仕事としてのライティング、またはブログの記事、色々な場面で役に立つ本です。

文章をもっと上手に書けるようになりたい、文章を書くことが好きだ、そんな方には特におすすめの一冊です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読んで。稼ぐためにはここまでやるかぁ、ってくらいの習慣に納得します。美容師から経営者、名プレイヤーから名マネージャーになる必要がある。美容室「EARTH」。

    『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読みました。 これだけやれば年収1億円になるんだろうなぁ、って納得します。 逆の言い方をすれ …

【読書】『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読んで。売上低迷、利益低迷、そんな営業に悩む人に必読!!令和の時代にヒットするヒントあり!

『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読みました。 サブタイトルは『売らなくても儲かる仕組みを科学する』。 昭和から平成にかけてやってきた売り方の常識が、平成から令和にかけて完全に変わってきてい …

【読書】『大家さんのための(大家さん税理士による)節税の教科書』渡邊浩滋を読んで。面倒くさがり初心者大家には節税はややこしい!

『大家さんのための(大家さん税理士による)節税の教科書』を読みました。 不動産投資物件を初めて購入した時に読みましたが、日頃税金にほとんど関わっていないサラリーマンなのでとても難しく感じました。 読ん …

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。 東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。 この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。 そのボタンはマレ …

【読書】『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んで。正直、子供向けか大人向けかが微妙でした。。。

『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んでみました。 子供の教育のためと思って買った本ですが、正直な感想はおすすめ度は低め。 なぜかと言うと、内容が当たり前 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細