【読書】『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読んで。子供が読むよりも子育てパパママが読む本。

趣味
スポンサーリンク

『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読みました。

子供達の将来のことを考えたら、お金の勉強も積極的にして欲しいなと思う今日この頃。

そんな時にこの本を見つけました。

初めは小学生の子供たちに読んでもらおうと思いましたが、内容を読んでみるとちょっと難しいかなと。

文字が多いので、パパママが読んで子育ての中に取り入れたら良いのかなと思うヒントがたくさんあります。

小学生低学年くらいからの子供を育てているパパママに是非読んでもらいたいです。

日本人はお金の話を変に嫌いますが、お金の流れ、本質をしっかり理解して、最低限のお金に困らないように教育してあげることはとても大切だと思います。

やりたいことがあってもお金を理由に諦める、お金が原因で揉め事を起こす、などなどお金があると無いとでは人生の自由度、可能性は変わりますし、正しくお金と付き合うことで平和で幸せな人生を送ることが出来やすくなるはずです。

知らないよりは、知っておいた方が良いこと、子供たちへの教育もそうですが、パパとママもしっかりとお金について学ぶべきだと感じます。

そんな親子でお金のことを勉強するきっかけとしてもとてもちょうど良い良書です。

子育て世代のパパママに是非読んでもらいたい一冊です。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました