読書

【読書】『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読んで。文章を書くことの新たな教科書!!書くことの価値観が変わるおすすめ本!

投稿日:

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読みました。

文章をもっと上手く書きたい、書けるようになりたい!と思う方に是非一度読んでもらいたい本です。

著者は元電通社員、24年間コピーライター・CMプランナーとして活動しており、その後フリーランスの執筆活動をしている方です。

その電通社員時代の実体験からフリーになってからの経験を余すところなく、赤裸々に書かれています。

文章力を上げたいと思って、いくつか本を読んで学びましたが、大体は基本ルール的なことを教えてくれる本です。

でも、この本は違いました。

タイトルの通りです、読みたいことを、書けばいい。

そもそも文章を書くと言うことは、誰かにそれを読んでもらうこと。

だから、先ずは自分が読みたいと思うように、自分が読んで面白いと思うようなことを書けばいいと教えてくれる本です。

基本的なことを教えてくれている教科書的な本を読んでいて、肩肘張ってしまったところを上手くほぐしてくれる本です。

ただ、本を読み進めて行くうちに、『読みたいことを書く』と言っても何も考え無しに書いている訳ではなく、また何も努力無しに書いている訳でもないことがよく分かります。

自分が読みたいと思うことを書くからこそ、しっかりとした考え、ルールがあることを教えてもらえます。

そのためのエビデンス、根拠を持つためにとことん調べる、学ぶ、好きになることが必要なことにも気がつくことが出来ます。

文章を上手く書きたくなりたい!と思う方が、ではどんな文章が書きたいのか?をしっかり考える上で一読をおすすめする本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読んで。女性向きの本ですが男性にもヒントになります。料理のしない人はレシピは飛ばしちゃいますが。。。食事は大切。

『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読みました。 比較的分厚い本で女性向きな内容ですが、男性にも健康へのヒントがあります。 ただ、読んだ率直な感想としては前置 …

【読書】『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読んで。天才編集者の革命的仕事術。思った以上に面白い、若い人が圧倒的な熱量で新しい日本の価値観を作り始めている!

    『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読みました。 本のタイトルで勝手にネガティブなことも書かれた本かと思い込んで、何処の本屋でもよく見かけま …

【読書】『ファンベース(支持され、愛され、長く売れ続けるために)』佐藤尚之を読んで

『ファンベース』を読みました。 マーケティングの本として読みましたが、人として愛され幸せになることにも気付かされます。 自分の成長とともに、定期的に繰り返し読もうと思える本でした。 マーケティング初心 …

【読書】『勝ち続ける理由』原晋を読んで。結果を出すチーム作りのヒントはここにあり!

『勝ち続ける理由』を読みました。 チームで結果を出す秘訣、ヒントがたくさん書かれています。 青山学院がなぜ強いのか?なぜ勝てるのか?なぜ勝ち続けられるのか? これを読むと納得出来ます。 難しいビジネス …

【読書】『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海を読んで。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みました。 この本は純粋に『感動』します。 物語になっているので素直にストーリーへ引き込まれます。 後半部分は何度読んでも …

ブログ統計情報

  • 56,591 アクセス