読書

【読書】『新版 光明の生活法』谷口雅春(日本教文社)を読んで。父からの贈り物。

投稿日:2019年8月16日 更新日:

2003年12月23日、父が自分に送ってくれた本。

大切な部分にはマーカーで印が付いていました。

自分が生まれた年に独立して、子供3人を何不自由無く育ててくれた父。

とても厳しい父と思っていましたが、自分が父親になるととても優しい父でもあったなとつくづく感じます。

独立する前から独立した後も色々大変なことをたくさん乗り越えて来たんだろうなと思います。

そんな時を支えた一つがこの本。

そう思って40まで育ててくれた父とリンクしながら読みました。

感謝してより自分らしい人生を益々歩んで行こうと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』P.F.ドラッカーを読んで。

『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』を読みました。 この本を読んだきっかけは『もしドラ』を読んだ事です。 時代を全く感じさせない本質が書かれていてベストセラー納得の一冊です。 本棚に常備し …

【読書】『経営センスの論理』楠木建を読んで。「面白がる力」があれば大体の物事は上手くいく!

『経営センスの論理』を読みました。 リーダーとしてどうあるべきかを著者の目線で論理を指南している本です。 私はほとんど納得出来る内容でした。 特に最後に書かれている「面白がる力」については自分の人生を …

致知9月号、月一冊の学び。

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。 自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。 そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入っ …

【読書】【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読んで。

【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読みました。 『人を動かす』と同様にベストセラーなだけあって、本質を捉えた良い本です。 人は誰でも生きていれば色々と悩むことがあると思います。 …

今月も致知から人間力を学びます。

致知は一度読んでみても良い月刊誌。 年間購読を申し込んでから三冊目の7月号。 自分のチョイスでは得られない情報が今月も盛りだくさんです。 世の中にはいろんな偉人がいるのだなぁと気が付けます。 それも過 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細