読書

【読書】『新版 光明の生活法』谷口雅春(日本教文社)を読んで。父からの贈り物。

投稿日:2019年8月16日 更新日:

2003年12月23日、父が自分に送ってくれた本。

大切な部分にはマーカーで印が付いていました。

自分が生まれた年に独立して、子供3人を何不自由無く育ててくれた父。

とても厳しい父と思っていましたが、自分が父親になるととても優しい父でもあったなとつくづく感じます。

独立する前から独立した後も色々大変なことをたくさん乗り越えて来たんだろうなと思います。

そんな時を支えた一つがこの本。

そう思って40まで育ててくれた父とリンクしながら読みました。

感謝してより自分らしい人生を益々歩んで行こうと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』金城幸政を読んで

『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』を読みました。 これは今年読んだ中でも良かったので繰り返し読みましたし、インパクトのあるタイトルですし、読み易い文章なので奥様も読んでいました。 多少極 …

致知9月号、月一冊の学び。

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。 自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。 そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入っ …

【読書】致知2020年3月号を読んで。全ての根底に人間力!

致知の年間購読を初めて早1年。 毎月、人として大切なことに気が付かさせてもらえます。 他にはなかなか無い、人間力を高める本です。 先ず、特集のタイトルからして気付きがある。 今月号の『意志あるところに …

【読書】『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読んで。書くことに興味がある人必読!!繰り返し読み込むライティングの教科書!

『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読みました。 読んだキッカケは文章が少しでも上手に書けるようになりたいと思ってネットを検索して見つけました。 著者は書くことを職業としている …

【読書】『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない、思い通りに部下が動くすごい伝え方』小山昇を読んで。人間心理を捉えて人を動かす!有名経営者、株式会社武蔵野の小山社長の本。今のご時世では全てが実践できるとは言い切れませんが、とても参考になります!

『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない、思い通りに部下が動くすごい伝え方』小山昇を読みました。 有名経営者、小山社長の本は初めて読みましたが、とても分かり易いです。 中小企業であればそのまま …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細