読書

【読書】『小休止のすすめ 運を呼び込む「人生の休みかた」の極意』ヒロミ、藤田晋(SB新書)を読んで。仕事のあり方、人生のあり方を考えさせられました!自分を認めさせてくれる一冊。

投稿日:

『小休止のすすめ 運を呼び込む「人生の休みかた」の極意』ヒロミ、藤田晋(SB新書)を読みました。

著者は誰もが知っているタレントのヒロミ さん、それとサイバーエージェント創業社長の藤田さん。

自分なりに頑張っているのに思うようにいかない、しっくりきていない、今後について迷っている、そんな人に読んでもらいたい本です。

この本はめずらしい構成で、著者が二人。

先ずはヒロミ さんからのメッセージ、その同じ内容に対して藤田さん目線のメッセージ。

1つの伝えたいことを、お二方の目線、伝え方がペアになって、そのペアのメッセージがいくつもある構成。

仕事の内容、立ち位置、経歴などが違えば目線、伝え方も違うのだなと思う一方、本質的な部分は同じなんだと気が付かせてもらえる一冊です。

そしていろんな迷いや、悩みを抱えた働く人にとって自分を認めさせてあげられる、少し肩の荷物を軽くしてくれる一冊です。

ただ癒されるだけではなく、有名なお二方の生き方を感じて、頑張るけれども小休止が必要だと教えてもらえるので、自分なりの頑張りどころ、頑張り方も考えるきっかけになると思います。

テレビでヒロミさんをよく見ていた世代にはとっても内容が伝わり易くて、明日への活力になる本だと感じました。

ヒロミ さんはテレビのイメージと全然違って、失礼な言い方ですがとてもまともな人間らしい人だと分かります。

すごく人間らしくて、人としてちゃんとしている、このイメージのギャップがとても読者に伝わり易い。

自分に照らし合わせて、仕事用の自分と本来の自分、そして強がっていた自分、何かしら読んだ本人にも当てはまると思います。

更に個人的に刺さったのが、ヒロミさん夫婦の関係性。

奥様、松本伊代さんの妻としてとても長けている点。

夫婦のバランスがよく、旦那を上げるかなりの出来た上げ妻の方です。

またその天然な奥様を理解して、感謝して大切にしている部分にもとても気付きをもらえました。

仕事を頑張る旦那、そしてその夫婦関係の在り方。

いろんな気づきが得られました。

お仕事で頑張っているけれでもいろんな波風があると思います、そんな時に読んでちょっと肩の力を抜こう、そして人として大切な部分をもう一度考えさせてくれる一冊でした。

気軽に読めて気付きも頂けておすすめです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今月も致知から人間力を学びます。

致知は一度読んでみても良い月刊誌。 年間購読を申し込んでから三冊目の7月号。 自分のチョイスでは得られない情報が今月も盛りだくさんです。 世の中にはいろんな偉人がいるのだなぁと気が付けます。 それも過 …

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

【読書】『新世界』西野亮廣を読んで。意外!?と言ったら失礼ですが、キングコング西野さんの本は思った以上に面白いです。新たな価値観を教えてもらえる。芸人本が流行っていますが、流行りだけでは無くて、芸人というプロフェッショナル目線での価値観は一見の価値ありです。

『新世界』西野亮廣を読みました。 芸人さんの本って読んだことありませんでしたが、たまたま立ち寄った本屋で立ち読みしていたら、思った以上に興味深い。 他の芸人さんの本を読んでいないので芸人さんの本と言う …

【読書】『何を捨て何を残すかで人生は決まる』本田直之を読んで

『何を捨て何を残すかで人生が決まる』を読みました。 持たない生き方の提案。自分らしい生き方ってなんだろう、と考えさせてくれます。 私は通勤の遠い都内勤務のサラリーマンを10年弱やっているなかで、ずっと …

【読書】『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読んで。ビートたけしさんはやっぱり動きがある方が良いです。違う意味でさみしい感じがしました。ひょうきん族とか懐かしいなぁ、昔の番組をまた見たくなる。

    『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読みました。 子供の頃からテレビでよく見ていて、とても好きなビートたけしさん。 『オレたちひょうきん族』、『天才・たけしの …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細