読書

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

投稿日:2019年8月2日 更新日:

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。

東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。

この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。

そのボタンはマレーシアのクアラルンプール行きの航空券とホテルの予約。

それも家族分。

サラリーマンとしての生き方、その可能性を広げる良書です。

ごく一般的な日本の企業で働くサラリーマンでは、この価値観はなかなか気付くことが出来ません。

それを同じサラリーマンとしての立場でありながら、実現出来ている東松さんの話はとても興味深く、心強い後押しになること間違いなしです。

本一冊で人生が変わっていくなら、とてもお安いものです。

色々な自己啓発本もありますが、一般のサラリーマンとしてはなかなかハードルが高くて、少し非現実的に感じてしまうものが多いです。

やってはみたいものの、、、って。

なかなかいろんな自己啓発本を書いている人のようには自分は慣れないよなと、日にちが経つとそんな他人事の気がして忘れて行くことが多いかと思います。

それが、この本、前作もそうですがリーマントラベラーという概念は今の自分を越える、なりたい自分に変わって行くには少しハードルが低くて現実感があります。

近場でもいいと思います。

一回行ってみたらいいのだと。

思った以上に今の世の中は休みに対して許容も増して行く風潮がありますし、より実現可能な社会になってきています。

いつも刺激がなく、モヤモヤとしているサラリーマンの方には是非読んで、もっと生き生きした自分に変えるきっかけにして欲しいと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

【読書】致知2019年12月号を読んで。致知は今の自分に刺さる金言がある本!

致知の年間購読を始めて半年。 毎月、今の自分に刺さる金言があります。 致知はどんな人にも役に立つ本です。 日頃読書習慣があっても、選ぶ本はどうしても偏りがちではありませんか? 自分の興味関心だったり、 …

【読書】『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読んで。これは健康に少しでも興味がある方は必見!健康本は色々あってもこの本は教科書として一冊常備して良い本です!!

『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読みました。 健康には『睡眠』、『食事』、『運動』が大切と良く言われますが、その中の『食事』について医学的 …

【読書】『沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-』松尾茂起(株)ウェブライダー(エムディエヌコーポレーション)を読んで。ウェブ上で情報発信をする人も情報取得する人にも絶対に一読の価値があるオススメの一冊です!!

『沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-』松尾茂起(株)ウェブライダー(エムディエヌコーポレーション)を読みました。 これは面白い本です。 インターネット上に何か情報発信をしてい …

【読書】『経営センスの論理』楠木建を読んで。「面白がる力」があれば大体の物事は上手くいく!

『経営センスの論理』を読みました。 リーダーとしてどうあるべきかを著者の目線で論理を指南している本です。 私はほとんど納得出来る内容でした。 特に最後に書かれている「面白がる力」については自分の人生を …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細