読書

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

投稿日:2019年8月2日 更新日:

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。

東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。

この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。

そのボタンはマレーシアのクアラルンプール行きの航空券とホテルの予約。

それも家族分。

サラリーマンとしての生き方、その可能性を広げる良書です。

ごく一般的な日本の企業で働くサラリーマンでは、この価値観はなかなか気付くことが出来ません。

それを同じサラリーマンとしての立場でありながら、実現出来ている東松さんの話はとても興味深く、心強い後押しになること間違いなしです。

本一冊で人生が変わっていくなら、とてもお安いものです。

色々な自己啓発本もありますが、一般のサラリーマンとしてはなかなかハードルが高くて、少し非現実的に感じてしまうものが多いです。

やってはみたいものの、、、って。

なかなかいろんな自己啓発本を書いている人のようには自分は慣れないよなと、日にちが経つとそんな他人事の気がして忘れて行くことが多いかと思います。

それが、この本、前作もそうですがリーマントラベラーという概念は今の自分を越える、なりたい自分に変わって行くには少しハードルが低くて現実感があります。

近場でもいいと思います。

一回行ってみたらいいのだと。

思った以上に今の世の中は休みに対して許容も増して行く風潮がありますし、より実現可能な社会になってきています。

いつも刺激がなく、モヤモヤとしているサラリーマンの方には是非読んで、もっと生き生きした自分に変えるきっかけにして欲しいと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読んで。これは健康に少しでも興味がある方は必見!健康本は色々あってもこの本は教科書として一冊常備して良い本です!!

『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読みました。 健康には『睡眠』、『食事』、『運動』が大切と良く言われますが、その中の『食事』について医学的 …

【読書】『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読んで。本当にコミュニケーションが苦手な人向けに丁寧な本。

『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読みました。 正直、読み切るのに時間がかかりました。 新書サイズで厚さもそんなにないのに、なかなか読み切れないくらいの中身です。 営業畑にいてコミュニケー …

【読書】『熱狂顧客戦略「いいね」の先にある熱が伝わるマーケティング・コミュニケーション』高橋遼を読んで

『熱狂顧客戦略「いいね」の先にある熱が伝わるマーケティング・コミュニケーション』を読みました。 今のマーケティングで大切なことがとても興味深く書かれています。 大した勉強もせず、営業を気合いと根性と感 …

【読書】『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない、思い通りに部下が動くすごい伝え方』小山昇を読んで。人間心理を捉えて人を動かす!有名経営者、株式会社武蔵野の小山社長の本。今のご時世では全てが実践できるとは言い切れませんが、とても参考になります!

『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない、思い通りに部下が動くすごい伝え方』小山昇を読みました。 有名経営者、小山社長の本は初めて読みましたが、とても分かり易いです。 中小企業であればそのまま …

致知8月号が届きました。毎月月初1週間くらいで届きます。年間購読を始めて3、4ヶ月目ですが、正直に言うと始めて読んだほどの感動は少し薄れつつあります。。。

致知8月号が届きました。 まだ読んでいませんが、結構な内容のボリュームで最近読むことがちょっと重たく感じて来ました。 毎月とても為になる内容はたくさんあります。 初めは自分の全く知らない業界の偉人から …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細