読書

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

投稿日:2019年8月2日 更新日:

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。

東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。

この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。

そのボタンはマレーシアのクアラルンプール行きの航空券とホテルの予約。

それも家族分。

サラリーマンとしての生き方、その可能性を広げる良書です。

ごく一般的な日本の企業で働くサラリーマンでは、この価値観はなかなか気付くことが出来ません。

それを同じサラリーマンとしての立場でありながら、実現出来ている東松さんの話はとても興味深く、心強い後押しになること間違いなしです。

本一冊で人生が変わっていくなら、とてもお安いものです。

色々な自己啓発本もありますが、一般のサラリーマンとしてはなかなかハードルが高くて、少し非現実的に感じてしまうものが多いです。

やってはみたいものの、、、って。

なかなかいろんな自己啓発本を書いている人のようには自分は慣れないよなと、日にちが経つとそんな他人事の気がして忘れて行くことが多いかと思います。

それが、この本、前作もそうですがリーマントラベラーという概念は今の自分を越える、なりたい自分に変わって行くには少しハードルが低くて現実感があります。

近場でもいいと思います。

一回行ってみたらいいのだと。

思った以上に今の世の中は休みに対して許容も増して行く風潮がありますし、より実現可能な社会になってきています。

いつも刺激がなく、モヤモヤとしているサラリーマンの方には是非読んで、もっと生き生きした自分に変えるきっかけにして欲しいと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』福島文二郎を読んで。

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』を読みました。 『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』とセットで読みましたが、 ディズニー本の方がもっと細かく具体的、リアルな …

【読書】『何を捨て何を残すかで人生は決まる』本田直之を読んで

『何を捨て何を残すかで人生が決まる』を読みました。 持たない生き方の提案。自分らしい生き方ってなんだろう、と考えさせてくれます。 私は通勤の遠い都内勤務のサラリーマンを10年弱やっているなかで、ずっと …

【読書】『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読んで。売上低迷、利益低迷、そんな営業に悩む人に必読!!令和の時代にヒットするヒントあり!

『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読みました。 サブタイトルは『売らなくても儲かる仕組みを科学する』。 昭和から平成にかけてやってきた売り方の常識が、平成から令和にかけて完全に変わってきてい …

【読書】『世界各地の暮らし マレーシアの暮らし』野田一郎(ポプラ社)を読んで。小学校の図書館で長女が借りてきてくれた本、思った以上にためになります!

『世界各地の暮らし マレーシアの暮らし』野田一郎(ポプラ社)を読みました。 読んだきっかけはマレーシアのクアラルンプールへ家族旅に行くことになったこと。 クアラルンプール行きを子供達に予告したら大盛り …

【読書】『ドラえもん社会ワールドお金のひみつ』を読んで

『ドラえもん社会ワールドお金のひみつ』を読みました。 キッカケは小学4年生の長男が漫画をよく読むようになったことです。 ドラえもんの科学ワールドシリーズを学校の図書館でよく借りて来ることでこのような学 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細